広~く浅~く様々な事象を取り上げてみちゃったりしてます。 つまんなかったらごめんよぉ

2017/10 |  123456789101112131415161718192021222324252627282930 | 2017/12

2017/10 |  123456789101112131415161718192021222324252627282930 | 2017/12

2017/10 |  123456789101112131415161718192021222324252627282930 | 2017/12

2017/10 |  123456789101112131415161718192021222324252627282930 | 2017/12

2017/10 |  123456789101112131415161718192021222324252627282930 | 2017/12

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ずいぶん予想やっていなかったので
反省会を危なく忘れるとこでした。。(苦笑い
ということで、まず結果から

2006年2回京都2日( 1月 29日) 11R
第41回 京都牝馬ステークス(GIII)
サラ系4歳以上 1600m 芝・右 外
(国際)牝[指定] オープン 別定
本賞金: 3900、 1600、 980、 590、 390万円 発走 15:45
天候:晴  芝:良 
京都牝馬S

1着 1.33.5 マイネサマンサ   牝6 55k 岩田
2着 1.33.5 チアフルスマイル 牝6 55k 藤田
2着 1.33.5 メイショウオスカル牝5 56k 松永
4着 1.33.6 ヤマニンシュクル 牝5 56k 四位
5着 1.33.9 ディアデラノビア 牝4 54k 武豊
6着 1.33.9 レクレドール  牝5 55k ペリエ
7着 1.34.0 スナークスズラン 牝7 54k 岡部
8着 1.34.1 オースミハルカ  牝6 59k 川島
9着 1.34.1 トーセンハピネス 牝4 52k 幸
10着 1.34.2 アンブロワーズ  牝4 53k 池添
11着 1.34.3 レンドフェリーチェ牝6 53k 長谷川
12着 1.34.5 アドマイヤメガミ 牝4 52k 石橋
13着 1.34.7 アズマサンダース 牝5 56k 秋山
14着 1.34.8 オーゴンサンデー 牝7 54k 上村
15着 1.34.9 マルターズヒート 牝5 54k 熊沢
16着 1.35.6 ヴィフォルテ   牝4 52k 渡辺

ハロンタイム  12.6-11.0-11.8-12.1-11.7-11.1-11.3-11.9
1000m59.2秒。
上り  4F 46.0 - 3F 34.3
3コーナー  12,3(2,13)(14,16)(1,10)8(9,5)(4,11)7,6,15
4コーナー  12,3(2,13,16)(10,14)(1,8,4)(9,5,11)(7,6)15



まずは恒例、愚痴から(苦笑い
マイネサマンサ騎手乗り替わりで、評価下げたのですが
もうこれが、すでに間違いでしたね。。
ごめんなさい。岩田騎手。

1着 マイネサマンサ  阪神牝馬S2着
2着 チアフルスマイル 京都金杯7着 阪神牝馬S6着
2着 メイショウオスカル京都金杯11着
4着 ヤマニンシュクル エリザベス女王杯4着
5着 ディアデラノビア 京都金杯6着
6着 レクレドール  阪神牝馬S3着
7着 スナークスズラン 阪神牝馬S5着
8着 オースミハルカ  エリザベス女王杯2着
9着 トーセンハピネス 
10着 アンブロワーズ 
11着 レンドフェリーチェ 
12着 アドマイヤメガミ  
13着 アズマサンダース マイルCS14着
14着 オーゴンサンデー
15着 マルターズヒート
16着 ヴィフォルテ  

そして対戦成績から力差を比較して予想をしていたわけですが
結果から見ると、わけがわからないという結果でした。。(苦笑い

う~ん、もう少しデータを取ると変わってくるのかも
知れませんが、とりあえず牝馬限定戦は、対戦成績はあまり
意味がないのかもしれませんね。

競馬全般 - 公営ギャンブル
してくれると、ありがたいです。


ひさしぶりの名馬列伝

バンブーアトラス
バンブーアトラス
通算8戦4勝。82年のクラシック戦線は「なんかヘン」だった。
関西から出現した化け物サルノキングは、スプリングSの
「サルノキング事件」で骨折してリタイア。

関東の2歳チャンピオン、ホクトフラッグも骨折でリタイア。
代わりに登場したスターホース、ハギノカムイオーはゲイルスポート
に執拗にいじめられて、皐月賞惨敗、ダービー断念。混戦を
切り裂いて皐月賞馬となったアズマハンターは、なぜか次走の
NHK杯から小島太に乗り替わり。

そして迎えたダービー。いきなり人気の一頭ロングヒエンが
フライングして外枠発走に回される。
ざわつく中、スタートが切られると1番人気の単枠指定馬アズマハンターが
出遅れ・・・・・。グチャグチャな年だった。

しかし、そうは言ってもバンブーアトラスのダービー勝利の価値が
下がるわけではない。2着のワカテンザンとの着差は1/2馬身差だったが
持ったままで直線に向き、余裕を持ってちょっと追っただけ。
楽勝だった。2分26秒5は当時のダービー・レコード。
前走のNHK杯(6着)の負け方といい、さすがは仕事人・岩元。
7番人気の伏兵だった。

秋は神戸新聞杯を直線だけで豪快に追い込んで3着。菊花賞は
決まりの声がありながら、骨折が判明、引退となった。

競争成績わずか8戦。初勝利から4ヶ月でダービーの頂点に立った
名馬は、疾風(はやて)のように現れて、疾風のように去っていった。
月光仮面みたいな馬だった。ふ、ふるすぎる・・・・・。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://gigusuzg.blog39.fc2.com/tb.php/82-dd3d5c5d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。