広~く浅~く様々な事象を取り上げてみちゃったりしてます。 つまんなかったらごめんよぉ

2017/04 |  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 | 2017/06

2017/04 |  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 | 2017/06

2017/04 |  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 | 2017/06

2017/04 |  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 | 2017/06

2017/04 |  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 | 2017/06

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
懲りもなく、また競馬予想であります。
まず枠順から

2006年1回中山2日( 1月 7日) 11R
アレキサンドライトステークス
サラ系4歳以上 1800m ダート・右
(混合)[指定] 4歳 1600万円以下,5歳以上 3200万円以下 別定
本賞金: 1830、 730、 460、 270、 183万円 発走 15:25

01 57北村 ウイングラシアス
02 56吉田 タガノゲルニカ
03 54木幡 シールビーバック
04 56柴田 モエレアドミラル
05 57江田 フサイチストラトス
06 57日本 ドントコイタカモト
07 57石橋 カオリノーブル
08 56後藤 サンワードラン
09 57田辺 プライマリーケア
10 57勝浦 ワンダーハーブ
11 57中館 タイランドシチー
12 57バル シベリアンメドウ
13 57村田 アルファフォーレス
14 57小野 ブラボーウッズ
15 57松岡 トーセンブライト
16 57田中 ウインレガート

そして、いつもの
最近の持ち時計

ダ1800m
京都 1.50.1 37.0 ①②② 2着 カオリノーブル 花園S
京都 1.50.4 37.1 ④⑤⑤ 6着 トーセンブライト 花園S
中山 1.53.1 37.5 ⑬⑬⑫ 3着 トーセンブライト フェアウェルS
中山 1.53.4 38.3 ④⑤⑥ 5着 タイランドシチー フェアウェルS
阪神 1.53.4 38.7 ⑦⑥② 1着 タガノゲルニカ
阪神 1.53.8 38.6 ⑤⑥⑧ 4着 トーセンブライト 摩耶S
阪神 1.53.9 39.1 ②②④ 5着 モエレアドミラル 摩耶S
阪神 1.54.2 39.1 ⑨⑥④ 8着 タイランドシチー 摩耶S
新潟 1.54.0 38.9 ⑥⑨⑨ 11着 ドントコイタカトモ
中山 1.54.1 38.2 ⑬⑪⑪ 1着 ウインレガート
中山 1.54.1 38.4 ⑮⑮⑮ 9着 ブラボーウッズ
阪神 1.54.2 38.9 ②②② 11着 シールビーバック
中山 1.54.3 39.3 ⑩⑨⑧ 2着 フサイチストラトス
中山 1.54.4 39.5 ②②② 13着 サンワードラン フェアウェルS
中山 1.54.8 39.3 ⑪⑪⑫ 15着 シベリアンメドウ フェアウェルS

ダ2100m
東京 2.12.0 37.9 ①①① 3着 カオリノーブル 銀蹄S
東京 2.12.2 37.7 ③③④ 5着 アルファフォーレス 銀蹄S
東京 2.12.9 37.5 遅⑬⑬ 9着 ブラボーウッズ 銀蹄S

ダ2300m
中京 2.25.9 38.9 ②③③ 3着 アルファフォーレス 春待月S
中京 2.26.4 39.7 ①①① 6着 カオリノーブル 春待月S

構図は、カオリノーブルvsアルファフォーレスに別路線組の
ト-センブライト、モエレアドミラル、1000万下を好時計で勝ち上がった
タガノゲルニカ。他、休み明けのウイングラシアス

カオリノーブルが逃げる展開からも鍵を握るのはこれ。
さらに詳しく見てみると

7.3-11.3-12.0-12.2-11.9-12.2-13.4-13.2-13.2-13.2-12.8-13.1 /春待月S
2300mでありながら前半とばしすぎの中、先行粘った組は強い印象。

ーーーーー12.3-11.0-12.6-12.6-12.3-12.2-12.2-12.1-12.7 /1.50.0 花園S
1000m通過60.8。京都だけありペースが速い。後半も全くペース落ちず。驚異的記録でもある。

ーー-7.3-11.2-12.9-12.6-12.8-12.5-12.5-12.3-12.1-12.4-13.1 /銀蹄S
ペースが遅い割にラスト13.1は時計が、かかってるのは早仕掛けでバテたパターンか?。

ーーーーー12.5-11.6-13.2-12.8-12.3-12.4-12.6-12.2-12.6 /1.52.2 フェアウェルS
1000m通過62.4。今回の下敷きとなる中山1800ダの舞台。緩みのない平均ペースのレース、
後方から追い込んだトーセンブライトに見所を感じます。

ーーーーー12.7-11.0-12.9-12.8-12.6-12.6-12.4-12.7-13.2 /1.52.9 摩耶S
1000m通過62.0。ややペースの速い展開。ラスト1F13.2に先行馬が苦しかった証拠か。
その中、先行粘ったモエレアドミラルに魅力あり。

ーーーーー12.8-11.4-12.5-12.2-12.4-12.9-12.7-13.1-13.4 /1.53.4 高砂特別
1000m通過61.3。前半から飛ばしつつハイペース。後半時計がかかるのも当然か。5馬身圧勝の
タガノゲルニカ強い勝ち方だったが、記録的には案外ハマッタ感。。

ーーーーー12.8-12.2-13.1-12.9-12.0-12.2-12.7-13.1-13.1 /1.54.1 ウインレガート
1000m通過63.0。ペースが遅い分、タイムは遅いが4馬身ちぎっての後半ラップは、まだまだ
縮めれそう。タガノゲルニカとは対照的で、結構おもしろいかも。それでもちょっと足りないか。。

対戦成績、記録比較から
カオリノーブル=アルファフォーレス>>トーセンブライト=モエレアドミラル>タガノゲルニカ
の順か。

前回、気になった乗り替わりも今回は有力馬ではモエレが柴田善だけで、問題なし。
あとは展開

逃げ
07カオリノーブル☆
先行
01ウイングラシアス☆
03シールビーバック
04モエレアドミラル☆
08サンワードラン
13アルファフォーレス☆
中団
02タガノゲルニカ☆
09プライマリーケア
10ワンダーハーブ
11タイラントシチー
15トーセンブライト☆
後方
05フサイチストラトス
06ドントコイタカトモ
12シベリアンメドウ
14ブラボーウッズ
16ウインレガート

カオリノーブルの単騎逃げが濃厚も勝負どころで
先行馬殺到の早仕掛けレースになりそう?

中団組が貯めて直線勝負か4角好位取り付きを選ぶかで勝負の分かれ目になりそう。
貯めて直線勝負に徹すれば、金杯のアサカデフィートを再現できそう?

まあ、ダートは楽な展開は、まずないので、いつものごとくで
力勝負となりそうですね。

結論
カオリノーブルとアルファフォーレスが最近の対戦で
1勝1敗、能力的には差がないようですが距離の1800経験が
少ないアルファにやや不安ということで
本命07カオリノーブル 対抗13アルファフォーレス
おさえに01ウイングラシアス、02タガノゲルニカ、04モエレアドミラル
15トーセンブライトで。

あー、長くなりすぎ。。。ついつい色々考え、つらつら書き連ねてしまいました。。
ここまで、読んでくれた人は感謝です。少しでもお役に立っていたら幸いです。

競馬全般 - 公営ギャンブル
してくれると、嬉しいです。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://gigusuzg.blog39.fc2.com/tb.php/54-8261d089
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。