広~く浅~く様々な事象を取り上げてみちゃったりしてます。 つまんなかったらごめんよぉ

2017/09 |  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 | 2017/11

2017/09 |  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 | 2017/11

2017/09 |  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 | 2017/11

2017/09 |  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 | 2017/11

2017/09 |  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 | 2017/11

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
まさに完敗でした。。(苦笑い
本来なら、もう少し頭を冷やしてからの反省会に
したいとこですが、明日、明後日、明々後日には
また競馬があるので、少しでも楽しむ為に
反省会をしたいと思います。
まず結果から。

2006年1回中山1日( 1月 5日) 11R
第55回 日刊スポーツ賞中山金杯(GIII)
サラ系4歳以上 2000m 芝・右
(国際)[指定] オープン ハンデ
本賞金: 4300、 1700、 1100、 650、 430万円 発走 15:25
天候:晴  芝:良 
金杯結果

1 1:59.4 57kg 柴山雄一 476Kg -12 牡6 04ヴィータローザ
2 1:59.4 57kg 後藤浩輝 524Kg -06 煽8 12アサカディフィート
3 1:59.4 56kg 勝浦正樹 484Kg +02 牡8 08 カナハラドラゴン
4 1:59.5 54kg 柴田善臣 508Kg +06 牡4 05コンラッド
5 1:59.6 56kg 吉田 豊 488Kg +18 牡9 02メジロマントル
6 1:59.7 55kg 北村宏司 502Kg +02 牡4 10キングストレイル
7 1:59.7 53kg 松岡正海 490Kg +00 牡4 07シルクネクサス
8 1:59.8 56kg バルジュ 460Kg +02 牡4 03マイネルレコルト
9 1:59.8 55kg 田中勝春 504Kg +10 牡4 09ダンスインザモア
10 1:59.9 54kg 木幡初広 484Kg +02 牡6 01シェイクマイハート
11 2:00.2 57kg 小野次郎 472Kg +04 牡9 11ユキノサンロイヤル
12 2:00.2 53kg 村田一誠 482Kg +06 牡4 06コスモオースティン
13 2:00.2 57kg 中舘英二 470Kg +00 牡7 13カンファーベスト
14 2:00.3 53kg 大西直宏 490Kg +00 牡6 14ブラックカフェ
放馬除外 57kg 横山典弘 450Kg +02 牡6 08ワンモアチャッター 発売後取消

ハロンタイム  12.7 - 11.5 - 12.9 - 11.9 - 11.6 - 11.4 - 11.4 - 11.6 - 11.7 - 12.7
3F 36.0
1コーナー  2,6,7,1(10,13)4,8,9,3(5,11)-12,14
2コーナー  2,6-(1,7)(10,13)(4,8)-9(3,5,11)-12,14
3コーナー  2,6,7,1(10,13)8,4(9,11)3,5-(12,14)
4コーナー  2(6,7)(1,10,13)(4,8)(3,9,11)(14,5)12

早速、後悔&愚痴です。。(笑
TV観戦でしたのですが、解説の方がちょとおもしろいことを
言っておりました。ペースはスローだったのだが
向正面から3角、4角でペースが急激に上がった特殊なレースだったと。
そうか、なるほど、だから追い込み馬がやってきたのかと思いましたが
気になるので、確かめてみると

ーーーー1F--2F-ー3Fーー4Fーー5Fーー6Fーー7Fー8Fーー9Fーー10Fー
2004金杯 12.5 - 11.6 - 12.5 - 12.1 - 11.9 - 11.7 - 11.7 - 11.4 - 11.7 - 12.1 /1.59.2
2005金杯 12.6 - 11.5 - 12.7 - 12.0 - 11.4 - 11.0 - 11.6 - 11.7 - 12.0 - 12.5 /1.59.0
2006金杯 12.7 - 11.5 - 12.9 - 11.9 - 11.6 - 11.4 - 11.4 - 11.6 - 11.7 - 12.7 /1.59.4

うーん、言うほどタイム的には早くないですけど
確かに7F目が過去3年でも11.4と最速です。
でも、コンマ1の勝負をしているのだから、やはり
早いのかも。←どっちなんだ(苦笑い

先行馬は、早めに動いた分、直線で余力をなくしたとの解説は
間違ってないようです。

だとすれば、なぜ?こうも勝負を焦って早仕掛けしたのでしょうか。
考えてみると、このレース14頭中11頭が乗り替わりしています。。
乗り替わっていないのは吉田豊、勝浦、小野だけです。
馬の性質は、やはり乗ってみないと掴めないものです。

おそらく、もうちょい脚が使えるとか、もっと伸びると思っていたとか
自分の考えと違ったのでしょうが、そのあたりに騎手の差が
あるのでしょう。

さらにいえば、お正月を挟んで二週間のブランクが勝負勘を
鈍らせてるとも考えてよいでしょう。

ということで、今回上位に来た騎手は、
腕が達者と考えてもよいと思います。

明日、明後日、明々後日のレースでは、まだまだ勘を
取り戻せない騎手が多そうなので注意していきたいとこですね。

競馬全般 - 公営ギャンブル
してくれると、嬉しいです。



名馬列伝
ミスターシービー
シービー

通算15戦8勝。セントライト、シンザンに次ぐ史上3頭目の三冠馬
熱狂、絶叫、発狂のトリプルクラウン・ホース。

最後方に位置し、中盤から突然ロケットを噴射したように馬群を
縫って上がっていくと、直線はターボをかけて一気にゴボウ抜き。
派手なレース振りで異常人気を集めた。競馬ブームの発火点が
この馬だった。

2歳時は3戦2勝。3歳時はまず共同通信杯でウメノシンオーを
差し返し、弥生賞はインをすくう。皐月賞はドロドロの不良馬場を
真っ黒になって抜け出し、メジロモンスニーを退ける。
ダービーは4コーナーで馬群に突っ込んでキクノフラッシュを
吹っ飛ばし、鞍上の吉永正人が騎乗停止を受けるという
失格ギリギリのレースで二冠目。

夏に体調を崩し、三冠が危ぶまれた秋は、京都新聞杯で
敗れた後、迎えた菊花賞。最後方から「ゆっくり下らなければ
いけない」京都の坂で一気に仕掛け、あっというまに
先頭に立つとそのまま直線も押し切った。向こう正面18番手
3コーナー2番手という、とんでもない競馬だった。

4歳時は約一年ぶりの実戦となる毎日王冠で”驚異の上がり
33秒6”を記録してカツラギエースの2着。
今で言えば32秒5くらいに換算されるタイムであろう。
さらに続く秋の天皇賞を、またまた最後方から鮮やかに
差しきって四冠を達成した。

これ以降はシンボリルドルフとの三冠馬対決で苦渋を
なめ続けた。ミスターシービーの魅力に勝者と敗者の
両方を演じたことをあげる人もいる。ジャパンカップ
有馬記念、翌年の春の天皇賞と3度ルドルフと対戦して
一度も先着できなかった。秋の天皇賞の劇走で燃え尽きて
しまったのか。数字以上の興奮を与えてくれた馬だった。


スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://gigusuzg.blog39.fc2.com/tb.php/53-95e88484
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
ふぅ~はぁ~。新年早々ため息です。 ↑明け4歳、ディープインパクト世代は弱小なのか?  がっかりです。 ↑こっちは4歳のビッグプラネットが勝ちましたね。 でも、東西でお年寄り馬が、各レース3着まで6頭中、5頭。何ッスか、これ。東
2006/01/06(金) 23:33:55 | kazの?いろんなことに興味があるんだぁ~!?
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。