広~く浅~く様々な事象を取り上げてみちゃったりしてます。 つまんなかったらごめんよぉ

2017/06 |  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 | 2017/08

2017/06 |  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 | 2017/08

2017/06 |  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 | 2017/08

2017/06 |  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 | 2017/08

2017/06 |  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 | 2017/08

2017/06 |  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 | 2017/08

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今週の映画ランキングです。


2006年11月25日~11月26日全国ランキング
順 先 週 タイトル
1 1 4 デスノート the Last name
2 2 2 プラダを着た悪魔
3 5 5 父親たちの星条旗
4 7 4 手紙
5 6 5 木更津キャッツアイ ワールドシリーズ
6 3 2 トゥモロー・ワールド
7 4 2 ソウ3
8 - 1 ありがとう
9 8 2 椿山課長の七日間
0 0 4 7月24日通りのクリスマス


デスノート the Last name
/~11/26(日)の23日間
/39億623万2779円

/~11/26(日)の2日間
/3億1981万7040円 334scr
.
プラダを着た悪魔
/~11/26(日)の9日間
/6億4561万245円

/~11/26(日)の2日間
/1億5202万9355円 299scr.

父親たちの星条旗
/~11/26(日)の30日間
/12億7135万9488円

/~11/26(日)の2日間
/8006万2050円 311scr.

手紙
/~11/26(日)の23日間
/8億5754万2698円

/~11/26(日)の2日間
/7377万6224円 284scr.

木更津キャッツアイ ワールドシリーズ
/~11/26(日)の30日間
/14億9833万8436円

/~11/26(日)の2日間
/7155万5044円 244scr.

トゥモロー・ワールド
/~11/26(日)の9日間
/3億159万5229円

/~11/26(日)の2日間
/6620万401円 231scr.

ソウ3
/~11/26(日)の9日間
/2億6336万1935円

/~11/26(日)の2日間
/5566万2696円 *88scr.

ありがとう
/~11/26(日)の2日間
/4540万6015円 211scr.

椿山課長の七日間
/~11/26(日)の9日間
/1億5347万8994円

/~11/26(日)の2日間
/3424万2498円 165scr.

7月24日通りのクリスマス
/~11/26(日)の23日間
/4億4827万6201円

/~11/26(日)の2日間
/2986万8308円 284scr.



「麦の穂を」ゆらす風」
~11/19(日)の2日間
3851人 538万3540円 7scr.


「涙そうそう」
~11/26(日)の58日間
236万1689人 29億7875万6880円 269scr.


「めぐみ~」
~11/26(日)の2日間
1万532人 1352万3700円 37scr.



考察
今週もデスノート1位。これで4週連続1位
一向に落ちる気配なしで、恐るべしです。

ただ、映画の寿命(←変な表現。。言葉思い浮かばず。。
5週目を来週に迎え、
さらに、木村拓哉主演の時代劇「武士の一分(いちぶん)」
007シリーズとかなり厳しい展開。

来週は、どうなりますか。


あとは、ニュースで少し話題になっていた
めぐみ-引き裂かれた家族の30年
~11/26(日)の2日間
1万532人 1352万3700円 37scr.
の結果。

一館あたりの2日間興収比較だと


95.8万円 デスノート/the Last name
76.8万円 麦の穂をゆらす風
63.2万円 ソウ3
50.8万円 プラダを着た悪魔
36.5万円 めぐみ-引き裂かれた家族の30年
25.9万円 手紙
25.7万円 父親たちの星条旗
20.7万円 椿山課長の七日間



ランキングの様相が一変。
いつも発表されているランキングだと上映館数が多いほど
ランクインしやすいのが当然なのですが
案外、こっちの比較のほうが人気度?を
示しているのかもしれませんね。

興収比較


第一週 第二週 第三週 第四週 第五週 第六週 第七週 第八週
 賢者の石 第一作
15.7億→37.0億→66.0億→不明 →不明 →146.0億→159.0億→169.0億 
 秘密の部屋 第二作
20.5億→46.3億→66.4億→81.8億→94.6億→不明 →135.7億→147.1億
 アズカバンの囚人 第三作  
18.7億→42.0億→58.6億→71.1億→85.2億→94.7億→102.4億→115.6億
 炎のゴブレット 第四作
16.9億→36.2億→53.6億→59.1億→69.5億→不明 →95.5億 →100.9億 

 ナルニア物語 第一章
10.5億→23.6億→33.0億→43.9億→52.0億→58.2億→61.1億→63.9億
 THE 有頂天ホテル 最終60億 
*5.7億→16.5億→26.6億→35.4億→43.0億→47.5億→51.6億→54.5億
 フライトプラン 
*6.0億→14.4億→20.4億→24.8億→28.0億→30.0億
 名探偵コナン 探偵たちの鎮魂歌
*5.3億→10.3億→14.9億→25.4億→27.3億→28.5億→29.2億→29.5億 
 ドラえもん のび太の恐竜2006
*4.3億→*9.0億→12.7億→18.0億→25.9億→30.3億→31.5億→31.5億

 海猿 最終71億
*9.6億→23.5億→35.5億→45.8億→52.8億→58.3億→62.5億→65.3億
 ダ・ヴィンチ・コード 
12.8億→36.0億→52.2億→62.7億→70.5億→76.1億→80.6億→83.3億  

 ミッションインポッシブル3
14.3億→25.0億→34.5億→39.3億→42.5億→46.0億→48.9億→ 不明
 日本沈没 最終53億
*6.0億→18.9億→26.0億→31.8億→37.6億→44.0億→46.9億→49.2億
 パイレーツ・オブ・カリビアン 
19.3億→37.5億→51.2億→63.7億→79.3億→82.1億→90.5億→93.5億
 ゲド戦記 最終75億
*9.0億→25.0億→37.7億→53.0億→60.1億→65.7億→68.6億→71.4億
 スーパーマン リターンズ
*3.6億→*7.9億→10.8億→12.3億→13.4億→ 不明→ 不明
 UDON
*1.8億→*5.8億→*8.4億→11.0億→12.1億→ 不明
 X-MEN:ファイナル ディシジョン
*2.7億→*7.7億→11.5億→13.4億→14.4億→ 不明

 イルマーレ
*1.8億→*5.2億→*7.3億→*9.1億→*9.9億→ 不明
 涙そうそう
*3.9億→10.7億→17.2億→21.7億→24.6億→26.9億→28.3億→ 不明
 フラガール
*1.5億→*5.6億→*7.7億→*9.3億→10.3億→ 不明
 ワールド・トレード・センター
*3.9億→10.7億→14.9億→18.1億→20.6億→21.7億→ 不明

 木更津キャッツアイ/ワールドシリーズ
*3.0億→*8.1億→10.9億→13.1億→15.0億
 デスノート The last name
12.0億→22.8億→30.8億→39.0億



今週もデスノートが順調に興収を伸ばしています。
まあ、毎週言ってるような気もしますが。。。

4週目にしても
ゲド戦記、海猿、ナルニア物語>>
>>デスノート>>THE 有頂天ホテル、日本沈没

最終60億ラインを保っています。

そして木更津キャッツアイ
結構がんばってるなーの印象も
興収比較をみると、ちょっと厳しい結果です。

新作紹介


ありがとう
ありがとう

解説: 阪神・淡路大震災で被災し、60歳目前にして
プロゴルファーを目指した実在の人物・
古市忠夫氏の活躍を描いた感動作。
古市役に『どついたるねん』の赤井英和を迎え、
平山讓のノンフィクション小説「還暦ルーキー」を映像化した。
古市を内助の功で支える妻に『鏡の女たち』の田中好子、
プロテストで古市を支えるキャディに
『ALWAYS 三丁目の夕日』の薬師丸ひろ子。
総製作費15億円の巨費を投じて創り上げた
冒頭40分間に及ぶ震災シーンも必見。

1995年1月17日未明、阪神・淡路大震災が発生、
神戸市内でカメラ店を営んでいた古市忠夫(赤井英和)は、
友も家も財産も失ってしまう。
忠夫は町の復興のためにボランティアに奔走するが、
ある日、震災を免れた自分のゴルフバッグに出会う。
奇跡を感じた忠夫は、60歳を前に
ゴルフのプロテストへ挑戦することを決意する。


単館上映版


◆ミックスマシン 
ミックス

解説: 理想と現実のギャップに直面した思春期の男女が、
孤独を抱えながらも力強く前進する姿を描く青春物語。
撮影当時、現役の専門学校生だった19歳の斉藤可奈子が
脚本と監督を手がけ、10代のリアルな心情を投影した。
専門学校東京ビジュアルアーツと短編映画館トリウッドが連携した
プロジェクトの第1弾作品でもある本作は、
企画、制作、宣伝、上映までをすべて学生が実施。
学生だけによる劇場用商業映画としても見逃せない。

本当の自分を出せず、気持ちを押し殺して生活している
16歳のタエ(三枝万莉)は、学校でも家でも
自分の居場所がない孤独な日々を送っていた。
そんな中、町中でおかしな発明品の実験をしている
ミツル(沼澤貴宏)を見かける。
難病の母親を救うために発明に没頭しているミツルの姿に、
タエは自分との共通点を見い出し引かれていく


◆赤い鯨と白い蛇 
赤い蛇

解説: 数々の名作を送り出してきたTVドラマの名演出家、
せんぼんよしこの映画監督デビュー作。
海辺の町の古い民家に集った、世代も生き方も全く異なる
5人の女性たちの出会いと別れに焦点を当て、
それぞれの心の変化を丹念に描き出す。
キャストには香川京子、樹木希林、浅田美代子、
宮地真緒らベテランから若手までが勢ぞろいし、
存在感あふれる演技を披露する。
物語のもう1つの主役ともいえる、
舞台となった古民家の重厚なたたずまいが味わい深い。

老境を迎えた保江(香川京子)は、
孫の明美(宮地真緒)に連れられて息子夫婦の家に向かう途中、
戦時中に疎開していた館山の家を訪ねる。
そこでは家の持ち主の光子(浅田美代子)が、
小学生の娘と共に蒸発した夫を待ちながら暮らしていた。
保江がかつての自分の家を懐かしんでいると、
以前この家を借りていたという女も現れ……。


◆パプリカ 
パプリカ

解説: 夢に入り込み、夢を犯すテロリストに立ち向かう
夢探偵“パプリカ”の活躍を描くファンタジー・アニメ。
日本が誇るSF作家である筒井康隆の同名原作を、
『千年女優』『東京ゴッドファーザーズ』の今敏監督が映像化した。
ヒロインを人気声優の林原めぐみが務めるほか、
古谷徹がこれまでのイメージから一転、巨漢の男性の声に挑んだ。
圧倒的な技術力と想像力を惜しみなく投入し
暴走する夢のアイデアを具現化したパレードの描写は圧巻。

夢に入り込んで患者の治療を行う装置“DCミニ”が盗まれ、
精神医療総合研究所に勤める若きサイコ・セラピストの千葉敦子は、
“DCミニ”開発者の時田とともに島所長の元へと集まる。
しかし、所長の島が突然、意味不明な内容の演説を
とうとうと語り出す。“DCミニ”を盗んだ者たちによる
夢の侵略が現実のものとなり始め……。


◆ラブレター 蒼恋歌 
ラブ

解説: 孤独を抱えた青年と、進路に悩む女子高生が、
将来への不安を抱えながら生きる姿を描いた青春ストーリー。
『イツカ波ノ彼方二』など良質な青春映画を得意とする
丹野雅仁監督がメガホンをとり、
10代特有の葛藤(かっとう)や苦悩を
みずみずしいタッチで映し出す。
主演は『あずみ』シリーズの石垣佑磨と
連続テレビ小説「ファイト」のヒロイン、本仮屋ユイカ。
ザ・ブルーハーツの名曲“ラブレター”をモチーフにした
切なく美しいドラマが感動的。

足の不自由な母親を持ち、東京の大学で福祉を勉強する
夢を持つ女子高生の由衣(本仮屋ユイカ)は、
大学の下見のために従姉妹を頼って上京する。
東京では大好きなロックバンド、ザ・サリンジャーのライブも
見るつもりだった由衣は、足を運んだライブハウスで
良太(石垣佑磨)という青年と運命的な出会いを果たす。


◆コワイ女 
サット

解説: 日本の若手実力派監督3人が、
女性の底知れぬ怖さに焦点を当てたオムニバスホラー。
それぞれの物語に登場する“コワイ女”たちが、
次々に登場人物たちの運命を狂わせていく。
『ストロベリーショートケイクス』の中越典子や、
『鍵がない』の目黒真希らが恐怖にさらされるヒロインを熱演。
そのほかにも『初恋』の柄本佑や
『ゆれる』の香川照之ら豪華キャストが勢ぞろいした。
三者三様の語り口で描かれる日常に潜む恐怖に背筋も凍る。

ある晩、加奈子(中越典子)は婚約者の晃(豊原功補)に
車で送ってもらった帰り道で不思議な物音を耳にする。
その直後、何かが落ちてきたような衝撃を受けたまま、
どうにか部屋にたどり着くのだが、
そこに晃から前妻に刺されたという電話が入る。
そしてなぜか部屋の中には包丁を手にした
異形の女(小林裕子)が立っており……。


◆沈黙の傭兵 
<沈黙

font color="#FF33FF">解説:
人気アクションスター、スティーヴン・セガール主演による
“沈黙”シリーズ最新作。要人の息子を脱獄させるミッションを
受けた傭兵が、敵が仕掛ける罠をかわしながら任務を
遂行する姿を描く。監督には『沈黙の脱獄』の
ドン・E・ファンルロイ監督が再び抜擢され、
己の正義に従って行動する傭兵役に挑んだセガールを、
硬派な魅力たっぷりに演出する。大迫力アクションだけでなく、
先の読めないストーリーにも引き込まれる。

湾岸戦争の英雄で屈強な傭兵の
ジョン・シーガー(スティーヴン・セガール)は、
アフリカの独裁国家ガルモラル島での任務中に
CIAの策略によって仲間を失ってしまう。
怒りと失意に打ち震えるシーガーの前に
新たなミッションが下るが、
それは南アフリカの刑務所に投獄された
大物武器商人の息子を脱出させるという困難な任務だった


◆暗いところで待ち合わせ  
暗い

解説: 人気小説家の乙一による同名ベストセラー小説を、
『AIKI』の天願大介監督が映像化した異色のラブストーリー。
父親を失い、視力も失った薄幸のヒロインと
殺人事件の容疑者のおりなす奇妙な共同生活を
サスペンス仕立てにつづる。
連続して不幸が降りかかるヒロインに田中麗奈、
容疑者の青年に『幻遊伝』でも田中と共演を果たした
チェン・ボーリンがふんする。
アイマスクをしてピアノの猛練習を重ね、
盲目の女性を演じた田中の熱演に圧倒される。

3年前の事故が原因で両目の視力を失くし、
実の父親も病気で亡くしたミチル(田中麗奈)。
世間から取り残されたように1人静かに暮らしていたある日、
ミチルの家の近くにある駅のホームで殺人事件が起こる。
やがて、容疑者の青年アキヒロ(チェン・ボーリン)が
ミチルの家に逃げ込み、奇妙な同居生活が始まってしまい……。


◆めぐみ-引き裂かれた家族の30年 
めぐみ

解説: 北朝鮮による拉致問題を、横田めぐみさんの拉致事件と
残された家族の視点から描いた衝撃のドキュメンタリー。
『ピアノ・レッスン』のジェーン・カンピオン監督が
製作総指揮を務め、めぐみさん拉致疑惑の真相を究明するために
闘い続けた横田夫妻らの姿を追う。
日朝間の政治的な問題にも触れながら、
拉致という非人道的な行為によって傷つけられた親子間の愛を
浮き彫りにする。30年以上にも渡って、
娘の生存を信じながら活動を続ける横田夫妻の姿が胸を打つ。

1977年11月15日、いつものように学校へ出かけた
当時13歳の横田めぐみさんが忽然と姿を消す。
一家は帰ってこない娘を探し続け、彼女の無事を祈り続けた。
それから30年。その実態が北朝鮮による
拉致事件であることが判明。怒りや悲しみに包まれながら
闘い続けた一家の捜索活動は、世論を巻き込み、
やがて政府をも動かしていく。



人気blogランキングへ投票
ブログランキング
してくれると、ありがたいです。



スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://gigusuzg.blog39.fc2.com/tb.php/327-900793f5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
クリスマスプレゼントを年齢別・贈る相手別にクリスマスプレゼントランキングを詳しく紹介!!
2006/12/03(日) 16:11:19 | クリスマス プレゼント ランキング 2006
クリスマス関連総合サイト!恋人へのプレゼントをランキング紹介しホテルの宿泊予約からディナー・デートスポット紹介!!
2006/12/03(日) 20:47:21 | クリスマス人気プレゼント ランキング 彼氏、彼女
クリスマス人気プレゼント情報満載!今話題の人気プレゼントや限定品が見つかります。彼氏・彼女への喜ばれるプレゼントをランキング紹介!思い出に残るクリスマスプレゼントを!
2006/12/07(木) 19:11:58 | クリスマスプレゼントランキング
東芝_メロウZブライド_長く使う豊かさ篇 「目黒真希」解凍パスワード:rina 放送日:2006年12月頃
2007/03/26(月) 11:19:57 | アイドルCM動画を見たい!!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。