広~く浅~く様々な事象を取り上げてみちゃったりしてます。 つまんなかったらごめんよぉ

2017/10 |  123456789101112131415161718192021222324252627282930 | 2017/12

2017/10 |  123456789101112131415161718192021222324252627282930 | 2017/12

2017/10 |  123456789101112131415161718192021222324252627282930 | 2017/12

2017/10 |  123456789101112131415161718192021222324252627282930 | 2017/12

2017/10 |  123456789101112131415161718192021222324252627282930 | 2017/12

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今週も懲りずに、いってみます。
日曜日は、なんでも史上最強の寒波が
やってくるとかで、ちょと時計予想派は
きついかもですねぇ。
阪神競馬場

関東は晴れるんじゃないか?の疑問も
あるでしょう。が、この寒さが問題なんですよ。

あまりに寒いと競馬場では、霜取り液?(名前ど忘れ
を散布するので、これが妙に時計を
おかしくしちゃう傾向があったりして
困惑してしまうことがあるのですよ。

ということで、あまりあてにしないで
見てください。(元々あてにしてないですか(笑

阪神牝馬S 11R15:40 阪神1600m
1 松永  ライラプス
2 福永  ラインクラフト
3 安藤  マイネサマンサ
4 藤田  チアフルスマイル
5 武豊  アドマイヤグルーヴ
6 上村  オースミコスモ
7 武幸  コスモヴァレンチ
8 秋山  マルターズヒート
9 安藤光 スナークスズラン
10 ペリエ レクレドゥール
11 藤岡  シンコールビー

最近の持ち時計比較

1400m
京都1.21.8 35.3 ⑫⑫⑫ 7着 チアフルスマイル
東京1.22.1 33.7 ⑯⑮⑮ 11着 マルターズヒート
東京1.22.1 34.0 ⑨⑩⑫ 13着 スナークスズラン

1600m
京都1.32.3 34.1 ⑨⑨⑧ 3着 ラインクラフト GIマイルCS
新潟1.33.1 33.9 ⑫⑨⑧ 7着 オースミコスモ
新潟1.33.3 34.6 ④③② 9着 マイネサマンサ
 
1800m
札幌1.46.7 34.7 ④④③ 1着 レクレドール
札幌1.46.8 33.8 ⑩⑪⑥ 3着 チアフルスマイル
東京1.46.9 33.6 ③④④ 2着 マイネサマンサ
東京1.47.0 34.7 ⑪⑩⑩ 1着 ライラプス
東京1.47.3 34.2 ③②② 6着 オースミコスモ

2000m
京都1.59.2 34.7 ⑤④② 2着 ラインクラフト
京都2.00.0 34.7 ⑭⑭⑫ 5着 ライラプス
東京2.01.1 33.3 ⑮⑫⑫ 17着 アドマイヤグルーヴ
札幌2.02.1 36.8 ⑫⑫⑩ 8着 チアフルスマイル

2200m
京都2.13.0 33.9 ⑦⑨⑦ 3着 アドマイヤグルーヴ
京都2.13.4 34.4 ③⑥⑦ 6着 ライラプス
京都2.13.4 34.5 ⑤⑥④ 7着 オースミコスモ
京都2.13.8 35.4 ⑩②② 14着 マイネサマンサ
京都2.14.5 35.7 ⑤⑤④ 17着 レクレドール


今回もデータが揃って、おもしろい対決になっております。
一番人気だろうラインクラフトが記録的にも断然です。
そして相手筆頭アドマイヤグルーヴも上がりの脚は
魅力的です。

予想展開
先行..マイネサマンサ
............レクレドール

中団..ラインクラフト
............アドマイヤグルーヴ
............ライラプス   
............オースミコスモ
後方..チアフルスマイル

持ちタイムに加えて、同じレースに出てる馬が多く
対戦比較もおもしろいことになっています。

エリザベス女王杯
3着 アドマイヤグルーヴ
 2馬身
6着 ライラプス
 アタマ差
7着 オースミコスモ
 2馬身
14着 マイネサマンサ
 3馬身1/2
17着 レクレドール


秋華賞
2着 ラインクラフト
 4馬身
5着 ライラプス


府中牝馬S
2着 マイネサマンサ
 2馬身
6着 オースミコスモ
 アタマ差
7着 レクレドール



ライラプスオースミコスモを物差しにすると


ラインクラフト

>  アドマイヤグルーヴ
>  >>2馬身>>
 >ライラプス
オースミコスモ
マイネサマンサ
>>アタマ差>>
レクレドール
チアフルスマイル


ラインクラフトに4馬身差のライラプスはアドマイヤグルーヴに
2馬身差負け。そのライラプスにアタマ差のオースミコスモと
勝ったり負けたりのマイネサマンサは同じ力量か。

でマイネサマンサに一度も勝っていないレクレドールはやや下か

ちょと、わけわからない説明になってますがが勝負付けがあるなら
こうなってるわけです。

結論
ラインクラフトを軸にアドマイヤグルーヴを本線も
アドマイヤが1600mに対応できない、もしくは
引退レースで繁殖優先で安全にで、やや死角か。

そのとき割って入ってくるライラプスとオースミコスモと
マイネサマンサを抑えます。

って相変わらず人気どころですね。。。(苦笑
結果はいかに。


競馬全般 - 公営ギャンブル
してくれると、嬉しいです。


突然始まります。

名馬列伝
オグリキャップ
オグリ

公営・東海で12戦10勝。中央で20戦12勝。
日本中をオグリキャップぬいぐるみで埋めた、超アイドル・ホース。
軽く首を左に向け、楽しそうに苦しそうに走る姿には、見るものを
たぶらせる力があった。最後まであきらめない強い意志。
公営出身、マイナー血統、馬主の騒動、異例の酷使と数々の負の要素を
抱えながら、それらすべてを走る姿だけで吹き飛ばし、レッテルを
無意味化した。オグリキャップを見た人の数だけでオグリキャップの
物語はある。
東海公営から中央入り。クラシックは未登録で出走出来ず、ニュージランドトロフィー
高松宮杯、毎日王冠など連戦連勝。公営時代から数えて14連勝。
続く天皇賞・秋はタマモクロスに敗れたものの、ジャパンカップ3着をはさみ
有馬記念でタマモクロスを下して優勝。マイラー血統説を吹き飛ばす。

故障明けて4歳秋。毎日王冠でイナリワンと息詰まるデットヒート。
一度は差されながらも、ゴール前でハナだけ差し返すド根性勝ち。
天皇賞・秋は直線で不利を受け、猛然と追い込むものの
スーパークリークにクビ差届かず。この頃からオグリ人気は一段と
加速し、社会現象となっていく。

続くマイルCS。先に抜け出したバンブーメモリーが大きくリード
どう考えても届きそうに無い位置からインをこじあけ、最後の
一完歩でグイッとハナだけ出る。鞍上の南井は感極まって
涙の勝利インタビュー。さらに連闘で挑んだジャパンカップ。
酷使への批判が高まる中、大外から追い込んでホーリックスの
クビ差2着。フィーバーは頂点に達した。

5歳になると、安田記念をレコード勝ち。しかし宝塚記念を2着に
完敗したあたりから、歯車が狂い始める。脚部不安をはさみ、
天皇賞・秋は見せ場無く6着。続くジャパンカップも11着惨敗。
デビュー以来、始めてみせる”らしからぬ姿”に「もう引退させる
べきだ」「オグリは終わった」の声が飛ぶ。そして迎えた
最後のレース、有馬記念。武豊に手替わりしたオグリキャップは
好位から抜け出し、メジロライアンの追撃を振り切って
劇的な勝利を飾る。。。。中山にいつまでもオグリ・コールが
鳴り響いた。


スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://gigusuzg.blog39.fc2.com/tb.php/29-be72ae45
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。