広~く浅~く様々な事象を取り上げてみちゃったりしてます。 つまんなかったらごめんよぉ

2017/05 |  123456789101112131415161718192021222324252627282930 | 2017/07

2017/05 |  123456789101112131415161718192021222324252627282930 | 2017/07

2017/05 |  123456789101112131415161718192021222324252627282930 | 2017/07

2017/05 |  123456789101112131415161718192021222324252627282930 | 2017/07

2017/05 |  123456789101112131415161718192021222324252627282930 | 2017/07

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
またまた、朝日杯を振り返ってみます。
まず、結果から。
朝日杯

GI朝日杯フォーチュリティS 中山1600m

..1位 1:33.7 480Kg -0.... 12 フサイチリシャール  
..2位 1:33.7 456Kg -4.... 05 スーパーホーネット
..3位 1:34.0 482Kg +6.... 07 ジャリスコライト
..4位 1:34.2 470Kg +8.... 02 ショウナンタキオン
..5位 1:34.3 496Kg +2.... 01 ダイアモンドヘッド
..6位 1:34.5 476Kg +6.... 09 ディープエアー
..7位 1:34.7 486Kg -0.... 06 ダノンブリエ
..8位 1:35.1 440Kg -4.... 04 アポロノサトリ
..9位 1:35.4 462Kg +8.... 15 エムエスワールド
10位 1:35.5 464Kg+10.... 11 レソナル
11位 1:35.6 500Kg -4.... 16 コマノルカン
12位 1:35.7 466Kg +2.... 08 デンシャミチ
13位 1:35.7 484Kg -2.... 14 フィールドカイザー
14位 1:36.1 468Kg -2.... 13 タニオブゴールド

ペース 59.0-34.7

まず、言い訳・愚痴から(笑

時計勝負といいながら、前走レコードタイムを記録している
フサイチリシャールを軽く見ていたところに、大間抜けを
感じます。。。。

他の有名競馬解説者もおっしゃってましたが
ジャリスコライトの前走、上がり600m33.3秒さらに不利ありを
誰もが神格化しすぎたとこですね。。。(反省

柏木集保さんも(知らない人はごめんです。。日刊競馬の本誌担当?まだやってるのかな?
遅いペースで走れば、どんな馬でも上がり33秒台は、だせるのだから
厳しいレースで、その脚がつかえるのか。といってました。

結果、ジャリスコライトの1:34.0は現状目一杯な記録だと思います。
ショウナンタキオンも後方から追い上げてきましたが
やはり追い込みきれず。。これから、さらなる成長をしても
追い込み脚質を治せないようだと、メジロブライトとダブります。。。
ま、父のアグネスタキオン並みの光速の脚使えれば,また違いますが。。
これからの成長力に期待です。。

2着のスーパーホーネットは、騎手の腕のような気も
しないでは、ないですが、これからも有望ですね。
他、とりあげたダノンブリエ、アポロノサトリは出遅れが痛かった
ですけど、好位にいたとしても着順が1つ上がるくらいかもの印象でした。

エムエスワールドは、前走、好タイムの割に上がりが34.2で9番手から
ごぼう抜きが、展開が嵌ったというか、他馬がバテたのに乗じた感が
あったのですが、好タイムに切れませんでした。。(いまさらですね。。

とまあ、こんな感じでは、ありましたが
結構、楽しめたので良しとします。(負け惜しみ?

競馬全般 - 公営ギャンブル
してくれると、ありがたいです。


朝日杯というと私が思い出すのは、ミホノブルボンと戸山調教師です。

知ってる人は知っていると思いますが、鍛えに鍛えて
人の倍、練習すればどの馬にも負けないはずだと
鬼のような調教をして、馬を何頭も壊しても信念を
変えずも、ついに最後の結晶ミホノブルボンを生み出す
しかし癌におかされ、亡くなってしまう。
サイレンスヒューマンドラマです。

無敗で皐月賞を勝ち、ダービーへ。短距離血統のミホノブルボンには距離が長い
といわれても、圧倒的練習量でスタミナをつけて、圧勝。
その年、1つ年上にトウカイテイオーがいて春・天皇賞では王者
メジロマックイーンでの対決で盛り上がっており。
トウカイテイオーが坂路を3本こなしたと聞けば、ブルボンには5本やらせたという。

夏の放牧では、GIを勝つような馬は普通は単独放牧なところを
ブルボンには、馬は元来群れる動物。一人じゃ寂しいだろうと言うことで
複数放牧をしたという。複数で放牧すれば、じゃれ合って骨折するのも
おそれず。

そして菊花賞、夏の上がり馬キョウエイボーガンが出現。出馬
ボーガンは同じ逃げ馬。ペースはどうなる?どっちが逃げると
おおいにわきました。戸山調教師は、他馬の二倍三倍練習してきたんだ
ブルボンの行く気にまかせろと理論に自信を語り、ペースを緩めれば
他馬が楽になり、つけいるスキを与えると。さらにヒートアップ

ボーガンの騎手、松永幹夫は ブルボンの小島に
頭ぶったったいて逃げますといったとか。

小島も迷い、後日いまだに、先生の理論は理解しているが
どうしたらよかったのかは、わからないといってたそうです。

そして、結果は知っての通り。いまでも思い出すだけで泣けてきます。

とまあ、とにかくいろいろエピソードはたくさんです。

う、ついつい熱くなってしまい、へろへろ文章すみません。。
ほんとは、もっと書ききれないほど感動するんです(まだいってる(笑

興味が沸いた方は、ぜひ読んでみることをお薦めしますよ。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
ありがとうございます
仔猫ねこねこ様。トラックバック
ありがとうございます。

見ての通り、いろいろなことを
中途半端に色々とりあげてるので

期待しないで、見てください。(苦笑

2005/12/16(金) 14:44 | URL | ???な人 #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://gigusuzg.blog39.fc2.com/tb.php/26-aa0d99b7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
読者になります☆
2005/12/16(金) 00:55:56 | 仔猫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。