広~く浅~く様々な事象を取り上げてみちゃったりしてます。 つまんなかったらごめんよぉ

2017/07 |  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 | 2017/09

2017/07 |  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 | 2017/09

2017/07 |  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 | 2017/09

2017/07 |  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 | 2017/09

2017/07 |  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 | 2017/09

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
データが見つからず、穴だらけのランキングに。。残念


2006年7月15日~7月16日全国ランキング
順 先 タイトル
1 - 日本沈没
2 - ポケットモンスター・アドバンスジェネレーション
3 1 M:i:Ⅲ
4 2 カーズ
5 3 ブレイブ ストーリー
6 4 デスノート 前編
7 - ラブ★コン
/7/15(土)~17(祝)の3日間
/動員 9万5783人 興収 1億1255万7300円 112scr.

8 6 ダ・ヴィンチ・コード
9 5 サイレントヒル
/7/8(土)~17(祝)の9日間
/動員 23万7839人 興収 3億1895万7300円

10 10 バルトの楽園 〈がくえん〉


「タイヨウのうた」
6/17(土)~7/17(祝)の30日間
動員 66万9304人 興収 8億5244万2320円


「やわらかい生活」
6/10(土)~7/17(祝)の35日間
動員 2万1952人 興収 2952万7370円


「テニスの~」
5/13(土)~7/17(祝)の65日間
動員 10万7164人 興収 1億3356万6800円 .


「ジャケット」
5/20(土)~7/17(祝)の58日間
動員 2万6656人 興収 3332万550円


「花よりもなほ」
6/3(土)~7/9(日)の37日間
動員 23万6258人 興収 2億9165万6660円


「それいけ!アンパンマン いのち~」
7/15(土)~17(祝)の3日間
動員 4万9028人 興収 5185万8900円 90scr.※昨年比126%


「トリック 劇場版2」
6月10日(土)~7/17(祝)の38日間
動員 153万4088人 興収 19億9274万5225円 MO240scr.


「着信アリ Final」
6/24(土)~7/17(祝)の24日間
動員 45万6598人 興収 5億7399万4315円 MO110scr.


「LIMIT OF LOVE 海猿」
5/6(土)~7/17(祝)の73日間
動員 524万4518人 興収 69億5969万6960円 MO102scr.



考察
データなさすぎで、どうにもならないのですが。。
ミッションインポッシビルが、二週目で早くも、3位後退

先週、ふれたとおりドラえもん・コナンレベルの最終30億前後になりかけそうです。
詳しい数字がないので、よくわからないのが残念ですけど。。

と、データないので非常に寂しい考察でした。。
寂しいので、こんなのを。
◆ゲド戦記あれれ?! 
来週 7/29土 公開 話題作だったのですが、うーむ、どうなんでしょう。

新作紹介


日本沈没
日本沈没

解説: 小松左京の同名ベストセラー小説を映画化した1973年作品『日本沈没』を、
『ローレライ』で長編監督デビューを果たした樋口真嗣が現代にリメイクした衝撃作。
SMAPの草なぎ剛と柴咲コウがダブル主演し、
未曾有の災害に立ち向かうヒロイックなキャラクターを熱演する。
防衛庁や東京消防庁の全面的な撮影協力と日本を代表する
特撮スタッフが生み出した臨場感あふれる
本格的スペクタクル映像の数々は、日本映画史に名を残すほどの完成度を誇る。

ストーリー: 大規模な地殻変動によって日本列島が海中に
沈没するという危険性が指摘され、
それを証明するかのようなマグニチュード8以上の大地震が次々と発生する。
そんな中、大地震の被害にあった
潜水艇のパイロット小野寺(草なぎ剛)と幼い少女美咲(福田麻由子)は、
ハイパーレスキュー隊員の阿部(柴咲コウ)に救出される。


劇場版ポケットモンスター/アドバンスジェネレーション
ポケモンレンジャーと蒼海(うみ)の王子マナフィ

ポケモン

解説: 人気アニメ「ポケットモンスター」シリーズの劇場版9作目は、
海を舞台にした冒険ファンタジー。サトシとピカチュウは、
“海の神殿アクーシャ”に伝説の秘宝が隠されているという秘密を聞き、
その秘密を探るためポケモンレンジャーとともに旅に出る。
監督は湯山邦彦が務め、声優には松本梨香らレギュラー陣のほかに、
眞鍋かをり、ベッキーなどがゲスト出演している。
サトシとピカチュウの友情、仲間たちとの深いきずなが描かれたストーリー展開に胸が熱くなる。
映画初登場となる“ポケモンレンジャー”の活躍とともに、マナフィほか新しいキャラクターたちにも注目。

ストーリー: 道に迷ったサトシとピカチュウたちは、
水中ポケモンショーのスター・ヒロミと出会う。
彼女から「海のどこかにある神殿アクーシャに、
海の王冠と呼ばれる秘宝が隠されているが、
まだ誰も見たものがいない」という伝説を聞く。
そこへ伝説の謎を追ってアクーシャに向かうポケモンレンジャーのジャッキーが現れる。


ラブ★コン
ラブコン

解説: 第49回小学館漫画賞に輝いた中原アヤ原作の同名少女コミックを実写映画化。
誰もが抱えるコンプレックスをテーマに、必要以上に身長が高い女と、
必要以上に身長が低い小さい男が繰り広げる学園ラブコメディ。
ヒロインにNHKの朝ドラ「天花」で女優デビューを果たした藤澤恵麻、
彼女が想いを寄せる若者に超人気デュオ WaTの小池徹平。
90年代のガールズ・ポップや、画面を埋め尽くすキュートでポップなファッションの数々が楽しい。

ストーリー: 身長が高いせいで男の子にフラれた過去を持つ小泉リサ(藤澤恵麻)と、
身長が低いせいで女の子にフラれた経験のある大谷敦士(小池徹平)は、
外見のコンプレックスに悩んでいた。
お互いに“チビ!”“デカ女!”と呼び合うふたりは舞戸学園に入学早々、
その名コンビぶりが評判となり、漫才師のオール阪神・巨人と命名されてしまう。


それいけ!アンパンマン いのちの星のドーリィ
アンパンマン

解説: やなせたかし原作の国民的人気アニメ、アンパンマンの劇場版第18作目。
生きる喜びに目覚めた人形の女の子ドーリィの心の成長劇を中心に、
わがままな彼女のお手本として生きる意味を教えるアンパンマンの活躍を描く。
回想シーン内に赤ちゃんアンパンマン誕生の瞬間が収められるなど、
ファン必見の映像が満載。同時上映として、
ドキンちゃんの妹コキンちゃんが主人公の『コキンちゃんとあおいなみだ』がある。

ストーリー: 年に一度の星祭りの日が近づいた
アンパンマン・ワールドでパトロールをしていたアンパンマンは、
海の上を漂う捨てられた人形を助け出す。
ジャムおじさんのパン工場でその人形をきれいにすると、
かわいらしいドーリィが目を覚ますが、
生きることが楽しくて仕方がない彼女は、
勝手気ままに行動してみんなを困らせてしまう。


時をかける少女
時をかける少女

解説: 筒井康隆の名作「時をかける少女」を、映画、TVドラマ、
リメイクを経て、新たな構想で製作した劇場用アニメーション。
監督は『ONE PIECE ワンピース THE MOVIE オマツリ男爵と秘密の島』の細田守。
声の出演は約200名超のオーディションで選ばれたヒロイン・紺野真琴役の仲里依紗をはじめ、
『蝉しぐれ』の石田卓也が声優に挑戦するなどフレッシュな面々が集結した。
恋に臆病な17歳の少女がタイムリープ(=時間跳躍)をする設定はそのままに、
新たに用意された結末など見どころが満載。

ストーリー: 高校2年生の紺野真琴は、自転車事故をきっかけに、
時間を跳躍する能力を持ってしまう。その能力のことを叔母の芳山和子に相談すると、
それは“タイムリープ”といい、記憶の確かな過去に飛べる能力だという。
半信半疑の真琴だが、日常の些細(ささい)な不満やストレス解消などのため、
むやみやたらに能力を乱用しだし……。


ハイジ
ハイジ


解説: 日本のアニメ「アルプスの少女ハイジ」でもおなじみの不朽の名作を映画化した感動作。
アルプスの山麓(さんろく)を舞台に、
心優しい少女ハイジと彼女が出会う人々の心温まる交流が描かれる。
ハイジを演じるのは『イン・アメリカ/三つの小さな願いごと』のエマ・ボルジャー。
ハイジをこよなく愛するおじいさんを
『マイノリティ・リポート』の名優マックス・フォン・シドーが演じる。
アルプスの大自然と、原作やアニメのファンも納得の絶妙なキャストが魅力。

ストーリー: 今まで一緒に暮らしてきた叔母に連れられ、
アルプスの山奥の小屋にたったひとりで暮らす
祖父アルム(マックス・フォン・シドー)のもとにやって来た少女ハイジ(エマ・ボルジャー)。
人間嫌いのアルムは愛くるしい孫の存在を拒否するが、
心優しく、常に感謝の気持ちを忘れないハイジにやがて心を開いていく。


単館上映版


◆ジダン 神が愛した男 
ジダン

解説: サッカー史上最も偉大な選手の1人として認められている、
ジネディーヌ・ジダンを追ったドキュメンタリー。
スペインリーグの最中にカメラを回し、
最高のスタジアムで繰り広げられる芸術的プレイの一挙手一投足をとらえる。
監督はモダンアート界を牽引する奇才ダグラス・ゴードンとフィリップ・パレーノ。
シンクロさせた17台のカメラで追った迫力の映像と、
ジダンの足音や呻(うめ)き声までをキャッチした臨場感あふれる音の体験に酔いしれたい。

ストーリー: 72年6月23日にマルセイユで誕生し、
98年にワールドカップで優勝を成し遂げるなど、
現代最高のサッカー選手の名を欲しいままにしてきたジネディーヌ・ジダン。
そんな彼がスペインリーグで繰り広げる芸術的プレーの数々を、
彼の視線と同化したかのような臨場感あふれる映像をもって披露していく。


◆ミッドナイトムービー 
ミッドナイトムービー

解説: 映画研究家でありドキュメンタリーの製作者でもある
スチュアート・サミュエルズが、
自身の同名の著書を22年の歳月を経て映画化したドキュメンタリー。
米国で1970年代に生まれた“ミッドナイトムービー”と呼ばれるカルト映画の真実に迫る。
カルトの王様、『エル・トポ』のアレハンドロ・ホドロフスキー監督や、
『ピンク・フラミンゴ』のジョン・ウォーターズ監督、
 『イレイザー・ヘッド』のディビット・リンチら、
有名監督たちによる貴重なコメントの数々が収録されている。

ストーリー: 70年代のアメリカで、“ミッドナイトムービー”と呼ばれる、
悪趣味で一風変わった作品が数多く誕生した。
世の中の流れに逆らうかのような挑戦的で刺激的な映像世界に、
多くのクリエイターたちが魅了された。
それらの作品に強い影響を受けたスチュアート・サミュエルズ、
ディビット・リンチら有名監督たちが、当時の様子を語った。


◆ディセント 
ディセント

解説: ケイビング(洞窟探検)中に落盤事故で出口をふさがれた6人の女性たちが、
謎の生物と死闘を繰り広げるサスペンス・ホラー。
監督・脚本を『ドッグ・ソルジャー』のニール・マーシャルが手がけ、
本作で英国インディペンデント映画賞最優秀監督賞を受賞した。
『CODE46』のナタリー・メンドーサ、
『マグダレンの祈り』のノラ=ジェーン・ヌーンらイギリスの実力派女優が出演。
極限状況下で展開される地獄のサバイバルに最後まで目が離せない。

ストーリー: 年に一度の冒険旅行で、
アパラチア山脈奥地の巨大洞窟を訪れた6人の女たち。
スリリングな洞窟探検を楽しむ中、突然の落盤で出口をふさがれた一行は、
迷路のような洞窟内で別の出口を探してさまよう羽目になる。
言い争いから仲間割れが生じ、ヘッドランプの電力も残りわずかとなった矢先、
暗闇から何者かが襲いかかってくる。




人気blogランキングへ投票
ブログランキング
してくれると、ありがたいです。


スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://gigusuzg.blog39.fc2.com/tb.php/239-46942ead
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。