広~く浅~く様々な事象を取り上げてみちゃったりしてます。 つまんなかったらごめんよぉ

2017/09 |  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 | 2017/11

2017/09 |  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 | 2017/11

2017/09 |  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 | 2017/11

2017/09 |  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 | 2017/11

2017/09 |  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 | 2017/11

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今週もしっかり反省会。


パドック

早速、いつもどおりパドックから。


ブルーメンブラット

1番ブルーメンブラット
やや胴が短い印象。バランスは良いので穴人気もわかるところ。


フサイチパンドラ

桜花賞↑
フサイチパンドラ

2番フサイチパンドラ
+12kgも全く太め感なし。今思えば、成長した一頭だったのでしょう。
桜花賞と比べると、角度もあるのでしょうが、全くの別馬に見えます。
いやはや、ここまで変わるとは恐るべし。
さすがセレクトセールで8700万で落札された高額馬。案外安かった?。
イヤ高いか。。(苦笑い


アクロスザヘイブン

3番アクロスザヘイブン
なんか不恰好なバランスに見えますね。
歩き方がボケーっとして、気合不足?。


ヤマニンファビュル

4番ヤマニンファビュル
筋肉ゴツゴツな印象。バランスは悪くないです。
ダート馬ぽい印象。


ニシノフジムスメ

5番ニシノフジムスメ
角度もあるのか、前のヤマニンと比べて、ホッソリみえますが
むしろ、こっちのほうが芝向きの馬というところか。
悪くないです。良いほうの部類。


コイウタ

桜花賞↑
コイウタ

6番コイウタ
なんか妙にお腹がきりあがって不恰好。
レース中、脚がおかしくなったのもわかる話。
先入観があるだけ?。(苦笑い
それでも、冷静に見てもあまり良い印象なし。
ただ、桜花賞時と比べれば案外かわらなぽい。


ユメノオーラ

桜花賞↑
ユメノオーラ

7番ユメノオーラ
後ろ脚が寂しい印象。お腹もまくりあがって
ギリギリの印象。


シークレットコード

8番シークレットコード
この馬も後ろ脚が寂しく、お腹がまくりあがっています。
成長途上ですねぇ。


カワカミプリンセス

9番カワカミプリンセス
人気馬なので、角度がおかしくなってきて、悲しいところ。。
ちょっとわかりにくいです。。まあ、後で出てくる?。


アサヒライジング

桜花賞↑
アサヒライジング

10番アサヒライジング
角度で見えにくいです。。桜花賞時の批評でこんなこと言ってたとは
>やや胴長の体型。胴長タイプは長距離も、こなせるので
>オークスもいけそう?。逃げ先行馬にしては、まずまず落ち着いています。

覚えていれば。。(苦笑い
いや、ダービーに生かしましょう。


ていえむぷりきゅあ

桜花賞↑
テイエムプリキュア

11番テイエムプリキュア
同じく角度が辛いです。キョロキョロしてるのが目立ちます。
桜花賞時もクビを前へ前へと、してたことから
落ち着きがないタイプか。


キープユアスマイル

12番キープユアスマイル
角度もあるのでしょうが、スッキリ見えて悪くありません。
ややお腹がポッコリ気味か。


アドマイヤキッス

桜花賞↑
アドマイヤキッス

13番アドマイヤキッス
桜花賞に比べて、やや細めに見える印象。角度もあるか。
結果をしってるからだろうか?。
まあ、後でもう一度、振り返るでしょうから、その時に。


ブロンコーネ

14番ブロンコーネ
後ろ脚が寂しく、お腹がまくりあがっています。
胴もやや短い感じで、良いところが見えないですね。。


シェルズレイ

桜花賞↑
シェルズレイ

15番シェルズレイ
+6kgも細く見える印象。桜花賞の時のほうが
良く見えるのは、角度のせいか?。
なんにしても、あまり良く見えません。


マイネジャーダ

16番マイネジャーダ
筋肉ゴツゴツのゴッツイ馬です。
やや太いのか?、まだまだこれからか。


キストゥヘヴン

桜花賞↑
キストゥヘヴン

17番キストゥヘヴン
桜花賞のときは、バランスよく見えたのがウソのような
後ろ脚の寂しい印象。桜花賞から短期放牧、そして調教時計2本で本番。
調整ミスだったか?。まあ、これも結果知っての先入観かもしれませんが。。
もう一度、角度が良く見える、振り返るところで改めて見直したいところ。


ヤマトマリオン

18番ヤマトマリオン
角度でなんとも言えないところです。。
普通ぽい?。


キッス2

さて人気順から、振り返り。
一番人気アドマイヤキッス
やはり、細く見えますね。胴も短く、やはり1600m向きか。
あまり良い印象は見つからず。


キス2

二番人気キストゥヘヴン
この角度になると、まずまず悪くなく見えてきましたが
やはり後ろ脚の筋肉の張りが良く見えません。
難しいとこです。


プリンセス2

三番人気カワカミプリンセス
バランスは良いです。使いつつ体重が増え、まだまだ成長中か。
今後、さらに強くなる可能性がありますね。凄い馬が出てきました。


コイウタ2

四番人気コイウタ
なんか尾っぽを激しく振っています。
やはり精神的にも来ていたのかもですね。


ふさいち2

五番人気フサイチパンドラ
改めて見ても、後ろ脚の筋肉の張りとかが目立ちます。
それでいて、バランスが良くスッキリ見えますので、う~む
パドックよく見ておけば良かったです。。(苦笑い


本場場

そして本馬場入場。


あどまいや2

アドマイヤキッスの返し馬。
落ち着いています。


キス3

キストゥヘヴン、対照的にカリカリしています。


ぷり3

カワカミプリンセス、こちらも興奮気味。


しずか

スタート前の静けさ。


オークスロゴ

そして、まさかまさかの三連続タイトル変わらず。。。
これは今週のダービーもこれっぽいですねぇ。。
ロゴ

ヴィクトリアマイル↑
いよいよ

NHKマイル↑


枠1

枠2

枠順確認


発走1

しずけさ

発走直前


発走2

アドマイヤキッスの様子。


発走3

キストゥヘヴンも映してます。


スターター

スタータ登場。


楽団

オークスなのでまたまた楽団演奏。


観衆

そして、いつものいっぱいな観衆。


わく1

わく2

わく3

わく4

いよいよ枠入り


スタート

スタート!!


ポジション

ポジション争いが始まります。


いきおい

凄い勢いで先頭は
4ヤマニンファビュル
続いて
3アクロスザヘイブン
10アサヒライジング
2フサイチパンドラ

が続いていきます。


さらに

さらに中団
15シェルズレイ
8シークレットコード

その後ろに
1ブルーメンブラット
6コイウタ
9カワカミプリンセス
18ヤマトマリオン
5ニシノフジムスメ
7ユメノオーラ



さらに2

さらに
13アドマイヤキッス
11テイエムプリキュア
14ブロンコーネ
12キープユアスマイル
17キストゥヘヴン



うしろ2

最後方に
16マイネジャーダ


1コーナー

1コーナ


人気

人気馬をクローズアップの映像。


2コーナ

2コーナへ入るところで
4ヤマニンファビュル
が他馬を引き離す逃げ。


ヤマニン

4ヤマニンファビュルの大逃げで
早くも7~8馬身の差


二番手3

二番手以降の状況を見ると、
10アサヒライジング
が離れて二番手。
15シェルズレイ
3アクロスザヘイブン

と続く
2フサイチパンドラ
8シークレットコード
18ヤマトマリオン

が続いてます。


みにくい3

見にくいですが
さらに続くのは
9カワカミプリンセス
6コイウタ

その後ろから
1ブルーメンブラット
5ニシノフジムスメ
8ユメノオーラ

そして
11テイエムプリキュア
13アドマイヤキッス



さらに5

さらに後方
17キストゥザヘヴン
14ブロンコーネ
12キープユアスマイル



ぜんたい3

全体を映しますが
かえって見にくくなってます。
考えてみれば、大逃げされると、どの馬を撮ればいいか
難しいですね。フジTVが対応出来なかったのも納得か。


きりかわって

切り替わって先頭から
4ヤマニンファビュル
相変わらず大逃げです。


そして6

そして離れて
10アサヒライジング
15シェルズレイ

が続きます。


そして7

さらに
3アクロスザヘイブン
18ヤマトマリオン

期待したヤマトマリオン18番枠が響いて
馬群にいれて、折り合いつけたかったのが
終始外々で馬を前に置けず、抑えが利かなかったようです。。がっかり。。
8シークレットーコード
9カワカミプリンセス

が続いています。カワカミプリンセス結構、前に、いたんですねぇ。


中2

中団やや後ろ
2フサイチパンドラ
6コイウタ
5ニシノフジムスメ

前述したヤマトマリオンと違ってフサイチパンドラ
内枠で馬を前において折り合えています。改めて枠順の差っていうのは大きい
ということを思い知らされます。
7ユメノオーラ
が、さらに続いてます。


そして8

そして
1ブルーメンブラット
13アドマイヤキッス

と、ここでコイウタが急にズルズル!!
このハプニングも見にくくなった一因でしょうね。。


さがる

下がるコイウタ
1ブルーメンブラット
17キストゥヘヴン

が通り過ぎます。


さらなる2

さらなる後ろから
14ブロンコーネ
12キープユアスマイル

最後方から
16マイネジャ-ダ


おおけやき

大けやきを通過で
いよいよ勝負処。


3,4

3,4コーナ中間地点
4ヤマニンファビュル
後続との差が一気に縮まっています。


各馬

各馬、綺麗なコーナリング。


4コーナ

4コーナー
すでに4ヤマニンファビュルは馬群に吸収。
先頭は
10アサヒライジング


そとを5

外を回る
9カワカミプリンセス
2フサイチパンドラ
13アドマイヤキッス



c

Cコースはやはり内・外の差が4コーナで
ほとんど広がらず。
この差なら、どの馬にもチャンス。


先頭7

先頭は
10アサヒライジング
二番手から
15シェルズレイ
18ヤマトマリオン

が追いすがる。


そのそと

その外から
9カワカミプリンセス
5ニシノフジムスメ
2フサイチパンドラ
13アドマイヤキッス

が伸びてきます。


さらに9

さらに後ろから
17キストゥヘヴン
も伸びてきます。


そして00

そして大外から
1ブルーメンブラット
12キープユアスマイル

後ろのほうに
14ブロンコーネも見えています。。


かめら3

カメラ切り替わって全体像へ
10アサヒライジングがまだ先頭。


200

残り200mの標識で
中から9カワカミプリンセスがぐんぐん伸びてきます。
外には2フサイチパンドラも競ってきます。


あさひ

10アサヒライジングを捕らえる
9カワカミプリンセス


うちの

内の10アサヒライジング粘る粘る。
外から2フサイチパンドラも凄い脚で追い上げる
13アドマイヤキス17キストゥヘヴンは伸びきれず。。


目前

ゴールは目の前。
上位は3頭の争い。


ゴール

ゴール!!


ぷり4

ぷり5

勝ったカワカミプリンセスの疾走。


審議

またまた審議の掲示板。
いつものごとく、なにごともなく確定したんですけどね。


ぷり5

ぷり6

ぷり7

ぷり8

かなり強くなりそうな予感がします。
今後が楽しみなカワカミプリンセスです。


2006年3回東京2日( 5月 21日) 11R
第67回 優駿牝馬(GI)
サラ系3歳 2400m 芝・左
牝(指定) オープン 定量
本賞金: 9700、 3900、 2400、 1500、 970万円 発走 15:40
天候:晴  芝:良
優勝

1 2:26.2 カワカミプリンセス 55本田優
2 2:26.3 フサイチパンドラ 55福永祐一
3 2:26.4 アサヒライジング 55柴田善臣
4 2:26.6 アドマイヤキッス 55武豊
5 2:26.8 ニシノフジムスメ 55藤田伸二
6 2:26.9 キストゥヘヴン 55安藤勝己
7 2:26.9 シェルズレイ 55岩田康誠
8 2:27.1 マイネジャーダ 55四位洋文
9 2:27.1 ブルーメンブラット 55川島信二
10 2:27.5 シークレットコード 55G.ボス
11 2:27.5 テイエムプリキュア 55熊沢重文
12 2:28.4 キープユアスマイル 55田中勝春
13 2:29.1 ヤマトマリオン 55 菊沢隆徳
14 2:29.9 アクロスザヘイブン 55小野次郎
15 2:30.1 ユメノオーラ 55渡辺薫彦
16 2:30.3 ブロンコーネ 55吉田豊
17 2:33.9 ヤマニンファビュル 55石橋守
中止 コイウタ 55横山典弘  
優勝2

ハロンタイム  12.5 - 10.9 - 11.3 - 11.6 - 11.8 - 12.4 - 12.8 - 13.5 - 13.2 - 11.6 - 12.2 - 12.4
上り  4F 49.4 - 3F 36.2
1コーナー  4-10-(3,15)(2,8,18)(6,9)(1,5,7)(11,13)(14,17)12,16
2コーナー  4=10,15-(3,18)8(2,9)-6(5,7)(1,13)11,17,14,12,16
3コーナー  4=(10,18)15(8,9)3(5,2)(11,7,13)-17(1,14,12)16
4コーナー  4,10,18,15(8,9)2(3,5,13)11(7,17)1(16,12)14


反省会
結果的には、惜しかったレースとなりました。。
フサイチパンドラは、パドックでも言ったとおり
じっくり見てれば、拾ってただけに残念。(苦笑い
あそこまで馬が変わってたとは。。いやあ、最後の最後まで
考えをやめちゃいけないなぁを実感しました。

反面、ヤマトマリオンを取り上げたのは痛かった?。
結果的にフローラSは、レベルが低かったということなのでしょう。。
うーむ残念。そして桜花賞組はさすがに成長してたということなのでしょう。

そして思った事は、今週の日本ダービーも同じような感じになるんじゃないかな
の印象。実質、逃げてたアサヒライジングアドマイヤメイン
追い込み各馬のアドマイヤキッスキストゥヘヴン
アドマイヤムーンに、フサイチジャンク
勝ったカワカミプリンセスの中団組は、ドリームパスポートか?。
と、色々イメージは広がりますが、これは今週の予想で。

あとは3歳馬なのでプラス体重=成長と考えてもよさそう?。

とまあ、色々考えさせられたオークスでした。

そうそう、今週のダービーですが、なんと!
勝手に応援していたヤマタケゴールデンが出走予定!!
4頭のうち1頭のみが出られる抽選をのり超えなければならないのですが
出てきたら、面白いことになりそうです!!
がんばれ!ヤマタケゴールデン!!

人気blogランキングへ投票
ブログランキング
してくれると、助かります。




スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://gigusuzg.blog39.fc2.com/tb.php/194-723f173f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。