広~く浅~く様々な事象を取り上げてみちゃったりしてます。 つまんなかったらごめんよぉ

2017/07 |  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 | 2017/09

2017/07 |  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 | 2017/09

2017/07 |  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 | 2017/09

2017/07 |  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 | 2017/09

2017/07 |  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 | 2017/09

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
惜しかった?今回。後、もうひとひねりが足りなかったようです。
毎回、こんなこといってるような気がしますけどね。。(/_<) ナケルネェ
今回も反省、反省です。


パドック

GIなので今回もパドックから。


マイネルスケルツィ

1番マイネルスケルツィ
やや胴詰まりタイプですね。特にこれといった特徴は見えず。
落ち着いてるのが好印象?。なぜ走らなかったのでしょう。謎です。


ファイングレイン

2番ファイングレイン
こちらも同じく胴が詰まっています。短距離路線を進んでいるのだから
まあ当然なんですけどね。距離が持つならクラッシク路線に進むわけですから。
これも特になし。


モエレフィールド

3番モエレフィールド
顔を厩務員に寄せて、甘えています。まだまだ精神的には幼い?。
体型も普通。あえていえばクビが短いくらい。まあ普通。


アポロノサトリ

4番アポロノサトリ
こちらも標準。う~ん先週の天皇賞・春でディープやらリンカーンを
見てるせいか、いまひとつ、小ぶりに見えてしまいます。


モエレソーブラッズ

5番モエレソーブラッズ
こちらは、やや後ろ脚の発達が寂しい感じです。
いまいち。


ロジック

6番ロジック
この馬が勝ったわけですが、角度のせいか特に目立つとこはないですねぇ。
全く関係ないですが、左の後ろ脚だけ白くなっていますが過去の名馬の1/3くらい?
が左足だけ白いということで名馬の印とも言われてたりしています。
そういう意味では、勝って当然だった?!。


エムエスワールド

7番エムエスワールド
やや、痩せ気味。お腹が巻き上がっています。
まだまだ成長過程ぽいです。


ステキシンスケクン

↑皐月賞時
ステキシンスケクン

8番ステキシンスケクン
今まで、見やすくなっていてちょっとはフジテレビ見直してたのですが、
やっぱりこんなものでした。。東京競馬場は、たまたまいい角度でとれる
カメラ位置だけだったようですね。。ちょっとの工夫くらいしてくれれば
嬉しいのですが、高望みなのでしょうかね。。
とと、愚痴おしまい、まあこの角度。かっこよく映ってよく見えますが
まあ、どうなんでしょう。が感想です。。


ゴウゴウキリシマ

↑皐月賞時
ゴウゴウキリシマ

9番ゴウゴウキリシマ
こちらも同じ。これでは見えませんです。ハイ。。
そういえばこの馬は皐月賞、出てたので、前回と比べてみたいとこ。
と皐月賞のパドックを見てみると厩務員が手綱を肩にかけてるのよくないと
言ってましたが今回もあいも変わらず。。(苦笑い。。


ダイアモンドヘッド

↑皐月賞時
ダイアモンドヘド

10番ダイアモンドヘッド
こちらも皐月賞に出ていました。前回落ち着きがなかったので
今回は覆面をつけています。そのおかげで落ち着いています。
-10kgも気にならないスッキリ馬体。あとは能力だけ。


タガノバスティーユ

11番タガノバスティーユ
う~ん、どうなんでしょう。
よくわからないです、ざんねん。。


ユーカジナル

12番ユウカージナル
特になし。この馬も甘えています。


アドマイヤカリブ

13番アドマイヤカリブ
角度もあるのですが、やや後ろ脚が寂しいです。
これからっぽいですね。


セレスダイナミック

14番セレスダイナミック
バランスはいいと思いますが、なぜか小ぶりに見えちゃうのは
なんなのでしょう?。迫力不足?


キンシャサノキセキ

15番キンシャサノキセキ
やや見づらいですがお腹がポッコリしてます。
体型的にはイマイチに見えますが、これで走っちゃうのですから
わからないもんです。これからまだまだ成長しそう。


ディープエアー

↑皐月賞時
ドラゴンウエルズ

16番ディープエアー
皐月賞と比較すると明らかにお腹のラインがスッキリしてます。
馬体重は変わってないのに。皐月賞の方が見ばえします。
やや疲れ気味?


ディープエアー

17番ドラゴンウエルズ
ごっつい馬です。見にくいですがバランスもよさげ。
外国産馬らしい馬です。


フサイチリシャール

↑皐月賞時
フサイチリシャール

18番フサイチリシャール
見づらいです。パッと見、変わってないような。
まあ、次で詳しく見るから、そこで。


フサイチリシャール2

って早速です。(笑
一番人気フサイチリシャール
特に目に映る変化は見えません。
走ってもおかしくないと思えるんですけどねえ。


マイネルスケルツィ2

二番人気マイネルスケルツィ
じっくり各馬を見て、改めて見直すと、このグループでは
いい馬です。なぜ走らなかったのか。。(また同じ事を。。(苦笑い


ロジック2

三番人気ロジック
こちらも改めて見ると、やや前が勝ってる馬です。
不恰好気味にみえます。。わからないもんです。


本馬場

本馬場入場
いつもごとく一気に全馬紹介。
1

2

3

4

5

6

7

8

9

10

11

12

13

14

15

16

17

18



いよいよ

そしていよいよ発走直前


発走直前

スタート前の輪のり
まずキンシャサノキセキ


覆面

覆面をとるフサイチリシャール


興奮

やや興奮気味のフサイチリシャール
使い詰めの影響か?


スタータ

そしてスターター登場!


交響

NHK交響楽団


観客

湧く観客


ゲート1

ゲート2

ゲート3

各馬ゲートイン


スタート

スタート!!


スタート2

1マイネルスケルツィ
10ダイアモンドヘッド
16ディープエアー

スタート失敗。。


先行

激しい先行争い


先頭2

先頭を奪ったのは
3モエレフィールド
続いて、首を上げてる
8ステキシンスケクン
内に
2ファイングレイン

12ユーカジナル
その後ろに
18フサイチリシャール
フサイチリシャールは先頭を奪っても良かったと思えましたが。。


好意

すぐ後ろから
1マイネルスケルツィ
5モエレソーブラッズ
13アドマイヤカリブ

マイネルスケルツィ絶好の位置にみえるんですが。。
ちょっと引っ掛かり気味か?


中団

その後ろに
4アポロノサトリ
15キンシャサノキセキ
6ロジック
ここにいる組が1着,3着,4着
結果的には、ここがベストポジション


後続

さらに後続
7エムエスワールド
10ダイアモンドヘッド
11タガノバスティーユ
17ドラゴンウエルズ
9ゴウゴウキリシマ



後方

そして最後方
ディープ16エアー
14セレスダイナミック



おおけやき

東京名物、大けやきを通過。


つまり

先頭集団は、やや詰まり気味。


4画直前

4コーナー直前
各馬動き出す。


4画

4コーナーで
18フサイチリシャールが大外並びかける。
思えばフサイチリシャール、脚が使えるのがちょっとなので
ここから仕掛ければ、当然ゴール前で失速なわけで。。
同じことが
1マイネルスケルツイにもあてはまったのかも。


4画抜けて

4コーナーを抜けて
3モエレフィールドがまだ先頭がんばってる。
内から
2ファイングレインも並びかけ
直後から
1マイネルスケルツィが絶好の位置から伸びかける
その後ろに赤い帽子が内からスルスル
6ロジック
武豊さすがです。
大外まわった
18フサイチリシャールはコーナーの差で
中団へ。。あきらかに無駄に脚使ってる印象。


よって

カメラがよって
先頭は
3モエレフィールド
2ファイングレイン

直後に
1マイネルスケルツィ
4アポロノサトリ
6ロジック

ここにいて伸びないのだから
マイネルスケルツィは、使える脚が短いのか?。。


うしろうち

その後ろの外側
内から
13アドマイヤカリブ
8ステキシンスケクン
18フサイチリシャール

すぐ後ろに
17ドラゴンウエルズ
12ユーカジナル

黄色い帽子も見えて
10ダイアモンドヘッド
この辺は4コーナで外回った馬たちですねぇ。。


おおそと

さらに大外から
15キンシャサノキセキ
離れて
7エムエスワールド
5モエレソーブラッズ



さらに

さらに後ろから
11タガノバスティーユ
16ディープエアー



きりかわって

カメラ切り替わって
2ファイングレインが先頭。
二番手はごっちゃごっちゃ
見えにくいが
6ロジック
3モエレフィールド
4アポロノサトリ
1マイネルスケルツィ

三番手もごっちゃごっちゃ。


200

残り200M
2ファイングレインが抜け出している!
二番手グループからは
6ロジックが伸びてファイングレインを猛追!
他の二番手グループは三番手グループに吸収
大外の
15キンシャサノキセキがすごい伸び
1マイネルスケルツィは二番手グループから
まさかの失速。実質200M程しか脚が使えないのかも?


すぐ

6ロジック
2ファイングレインを捕らえる勢い。
15キンシャサノキセキも凄い脚で
3番手まで浮上!


直

ゴール直前
先頭はついに
6ロジックが並び、激しい争い
15キンシャサノキセキもいい脚使ったが
おいつけない
密かに17ドラゴンウエルズ
中を割って4番手まで来てる。
18フサイチリシャールもしぶとく粘って6着争い
大外回ってなければ。。。。


にとう

ものすごい争い!
優勝は二頭に絞られ


ゴール

ゴール!!


ガッツ

ガッツ2

ガッツポーズいろいろ


審議

そして審議の青いランプ
結局、問題なしでしたが。


ろじっく1

ロジック22

掲示板

ロジック34

内と外の差のような気がしますが
ロジック優勝
武豊さすがでした。


2006年2回東京6日( 5月 7日) 11R
第11回 NHKマイルカップ(GI)
サラ系3歳 1600m 芝・左
(混合)牡・牝(指定)オープン 定量
本賞金: 9200、 3700、 2300、 1400、 920万円 発走 15:40
天候:雨  芝:良 
ロジック45

1 1:33.2 ロジック 57武豊  
2 1:33.2 ファイングレイン 57横山典弘
3 1:33.4 キンシャサノキセキ 55安藤勝己
4 1:33.7 アポロノサトリ 57蛯名正義
5 1:33.7 ドラゴンウェルズ 57藤田伸二
6 1:34.0 フサイチリシャール 57福永祐一
7 1:34.1 エムエスワールド 57藤岡佑介
8 1:34.2 タガノバスティーユ 57池添謙一
9 1:34.3 アドマイヤカリブ 57後藤浩輝
10 1:34.5 マイネルスケルツィ 57柴田善臣
11 1:34.6 ダイアモンドヘッド 57岩田康誠
12 1:34.9 ディープエアー 57四位洋文
13 1:34.9 モエレフィールド 57田中勝春
14 1:35.1 セレスダイナミック 57和田竜二
15 1:35.3 ゴウゴウキリシマ 57石橋守
16 1:35.4 ユウカージナル 57小牧太
17 1:35.4 ステキシンスケクン 57G.ボス
18 1:35.6 モエレソーブラッズ 57柴山雄一

ハロンタイム  12.1 - 10.8 - 11.3 - 11.5 - 11.8 - 11.7 - 11.5 - 12.5
上り  4F 47.5 - 3F 35.7
3コーナー  3,8(2,12)(1,18)(5,13)(4,15)6,7,10(11,17,9)16,14
4コーナー  3(8,12)(2,18)(1,13)(4,15)(6,5)(17,10,7)-11(14,9,16)


反省会
惜しかったような、惜しくないような結末。
よもや、フサイチリシャールマイネルスケルツィ両方が
吹っ飛ぶとは思いもせず。う~んな結果でした。

フサイチリシャール、共同通信杯のときは
溜めすぎて、差されて2着。スプリングSも同じ。
皐月賞では、ついに4角先頭の形も直線失速。今回は馬の気分に任せる
といってたわりにいつもの溜めすぎて大外回って直線伸びきれず。。
明らかに悪循環。下手では、ないけれど上手くもない福永騎手を
読みきれなかったのが痛恨か。次走ダービーでは、ついに乗り代わり
意外に怖いかもしれないなの印象。
今週の新GIヴィクトリア・マイルも福永騎手騎乗のラインクラフト
似たような先行馬。大外の枠に入れば消してもよいかも。

マイネルスケルツィ、画像反省でも見たとおり
どうも長く脚が使えない印象。中山向きか
それを見抜けないのも難しいとこ。
とにかくもう少し突っ込んで考えないといけません。(いつもいってますねぇ(苦笑い

三番手以降であげた馬で決着にちょっと嬉しかった?。
しかし、ハズレはハズレ。
それにしてもいまの東京競馬場は外を回って勝つには
一枚実力抜けてないと相当厳しいぽい。
そんな教訓をいかして今週こそは!

なーんて思ってたり。毎回ひとひねりが足りないです。


人気blogランキングへ投票
ブログランキング
してくれると、ありがたいです。


スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://gigusuzg.blog39.fc2.com/tb.php/181-5f4e9f36
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。