広~く浅~く様々な事象を取り上げてみちゃったりしてます。 つまんなかったらごめんよぉ

2017/09 |  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 | 2017/11

2017/09 |  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 | 2017/11

2017/09 |  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 | 2017/11

2017/09 |  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 | 2017/11

2017/09 |  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 | 2017/11

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
桜花賞から、もう3日。
早くも皐月賞へと目が移ってるさなか、
毎度のごとく桜花賞反省会です。

とりあえず回顧から。


パドック

今回は五大クラシック記念としてパドックから。
個人的には関西TVの画面の映し方、馬情報は見やすいので
嬉しいところです。細かい配慮が嬉しいです。


ユメノオーラ

1番ユメノオーラ
正面からなので、ちょっと歩様や馬体がわからなかったです。残念。


アサヒライジング

2番アサヒライジング
やや胴長の体型。胴長タイプは長距離も、こなせるので
オークスもいけそう?。逃げ先行馬にしては、まずまず落ち着いています。
-12kもここへ向けての究極仕上げ?。結果知ってるから言えたりして(笑


ラッシュライフ

3番ラッシュライフ
アサヒライジングと比べるとわかり易い、胴が短い短距離タイプ。
父サクラバクシンオーもこんな体型ぽかったと思います。


ダイワパッション

4番ダイワパッション
これも胴が詰まっていますね。改めて見ると明らかに短距離タイプだったなぁ。(苦笑い
今ひとつバランス悪く感じちゃいます。前駆と後駆の発達の違いが見えます。
もう少し後ろ脚が発達して欲しく感じます。
いわゆる、前脚が勝ってるタイプです。
(個人的主観なので、そう思えなかったらごめんです


ていえむぷりきゅあ

5番テイエムプリキュア
2歳女王です。馬体のバランスは悪くないです。むしろ良いタイプと思えます。
あとは気性だけじゃないですかねぇ。
画面見てもわかるとおり、パドックから前へ前へと引っ張っています。


グレイスティアラ

6番グレイスティアラ
ん~、この馬もやや後ろ脚の発達具合がもうひとつです。
まあ、まだ成長期ですから、これからです。


エイシンアモーレ

7番エイシンアモーレ
カメラの位置から正面に。残念。
ちょっとチャカチャカしています。まあ逃げ先行馬は普通こんな感じです。
ところで、この馬を抑えてる厩務員、いままでの厩務員とちょっと違います。
馬を抑えてる手綱の余った分を肩にかけています。
このスタイル、日本だけだと言う話。欧米で、これやると怒られちゃうそうで
馬が暴れた時、手綱が体に絡まって危ないからという事。
こういう手綱の持ち方してる厩舎は、基本が出来ていないと結構話題になってたり。
残念です。


アドマイヤキッス

8番アドマイヤキッス
う~む、さすが一番人気です。牝馬とは思えないほどのごっつい馬体です。
-14kも何処が痩せたのかわからない感じ。ややお腹がまくりあがってる。?
まあ、文句ないです。ちなみに厩務員の手綱の持ち方は、これが基本です。さすがです。


アイアムエンジェル

9番アイアムエンジェル
これもごっついですね。(苦笑い
500kgあるのも、よくわかる馬体です。バランスも悪くないです。
あとは成績だけ。。


アルーリングボイス

10番アルーリングボイス
いわゆる、ツル首状態。気合入りまくっています。
馬体のバランスも良いし、好走しただけはありますね。


ウエスタンビーナス

11番ウエスタンビーナス
ここまで、見てくればわかるとおり、今までの馬に比べて貧弱に見えますね。。
さらに厩務員に顔を寄せて甘えています。
まあ、17番人気も仕方ないところ。。


コイウタ

12番コイウタ
あー、この馬もゴッツイです。う~む走るわけです。
でもやや胴が短い感じ、クビも短いです。
やや距離不安か?オークス難しくなりそう?


ミッキーコマンド

13番ミッキーコマンド
これもゴッツイですね。そしてツル首。
さらに胴短い。悪くはないんですけど典型的な短距離馬?。


キストゥヘヴン

14番キストゥヘヴン
勝った結果を知ってるから言えるのかも知れないですが。。
馬体のバランス良すぎ。胴長、前駆と後駆のバランスも取れてるし、
気性もおとなしそう。う~む、これはオークスもいけちゃいそうです。
馬体重だけ注意でしょう。418kgの小柄な馬だけに。
それでもバランスとれていますねぇ。


ウインシンシア

15番ウインシンシア
キストゥヘヴンの後だけに後ろ脚の発達のさびしさが目立っちゃいます。
まあ比べる相手が悪いですけど。


シェルズレイ

16番シェルズレイ
個人的には本命にしたシェルズレイ。まあ普通ですね。(笑
バランスはマズマズ。胴も短からず、長からず。(苦笑い
悪くはないんですけどね、もうひとつ特徴がほしいとこ?。


フサイチパンドラ

17番フサイチパンドラ
これまたゴッツイです。馬体のバランスもキストゥヘヴンに次ぐくらい
いいです。あとは気性だけなんでしょうが、これが大問題なのでしょう。


タッチザピーク

18番タッチザピーク
黒光りしています。迫力あります。黒い分ちょと見にくいですけど
やや後ろ脚が寂しい感じ。
うーむ結構大変。パッドクだけで疲れちゃった。。
でも本編がんばります(苦笑い


本場馬

と思ったら本馬場入場
ここまできたら、がんばるしかないです。
でも、ちょっと簡単に(苦笑い


誘導馬

桜花賞ということで、面白い趣向やっています。
これで終わり。簡単すぎ?(苦笑い


ゲート前

あっという間に発走直前。
凝った演出です。


わのり1

わのり2

わのり3

さすがにGIなので人気順からアドマイヤキッス
フサイチパンドラテイエムプリキュア


ゲート寸前1

ゲート寸前2

色んなアングルから工夫こらしています。


スターター

そしてスターター登場。


ファン1

ファンファーレに喜ぶ観客。


ファン2

凄い人です、いっぱいいっぱい。


ゲートイン

げーといん2

そして各馬ゲートイン


スタート

スタート!!


スタート1

10アルーリングボイス、わずかに出遅れ
2アサヒライジングが早くも先頭うかがう勢い。


先頭

そのまま2アサヒライジング先頭
差なく、4ダイワパッション7エイシンアモーレ9アイアムエンジェル


先頭2

続いて18タッチザピーク
さらに内から3ラッシュライフ11ウエスタンビーナス12コイウタ


中団

中団グループ
17フサイチパンドラ16シェルズレイ6グレイスティアラ
フサイチパンドラやや中途半端?
さらに後ろで
5テイエムプリキュア8アドマイヤキッス


中段2

と言ってたそばから17フサイチパンドラ
引っ掛かり気味に先頭グループまで進出。


後方

そしてまた、馬紹介。
内から1ユメノオーラ13ミッキーコマンド
その後ろに14キストゥヘヴン
後方組にいたわけですね。


後方2

そのまた後ろ15ウインシンシア
最後方を10アルリーングボイス
で、1000mをあっという間に通過。
58.8秒。残り600m


3こーな

画面は先頭へ
2アサヒライジングが軽快に単騎先頭。
7エイシンアモーレが続きます。


3こーな2

そして、また順に馬群紹介。
3番手グループに内から
3ラッシュライフ
9アイアムエンジェル
17フサイチパンドラ
すぐ後ろへ
4ダイワパッション


4こーな1

勝負所、目前
4ダイワパッションずるずる下がり始める。
逆に
12コイウタ←見えにくいけどよく見ると大外に。
18タッチザピーク
16シェルズレイ
8アドマイヤキッス
5テイエムプリキュア
外から動き始める。
内の
6グレイスティアラ
11ウエスタンビーナス
は、苦しそう。


4こーな2

4コーナー直前。
馬群がギュッと詰まって
各馬にチャンスあり。
勢いは、12コイウタ16シェルズレイ8アドマイヤキッス
大外進出組。
さらに14キストゥヘヴンも後方に見えはじめています。


4こーな3

そして4コーナー。
すごい大接戦。外を回ってる
17フサイチパンドラ
12コイウタ
16シェルズレイ
8アドマイヤキッス
は横一直線で凄い争い。


コーナぬけて

コーナー回っても差は開かず。
決めて比べが勝負の分かれ目!。


200

2アサヒライジングが逃げ粘ってる。
二番手組から中の12コイウタ
16シェルズレイ
8アドマイヤキッス
その横から
14キストゥヘヴンが凄い伸び。
17フサイチパンドラは、ここで中を失速。


200-2

残り200m!。
逃げる2アサヒライジング
12コイウタ
16シェルズレイ
8アドマイヤキッス
14キストゥヘヴン が迫る!!


100

画面がよって
さらに逃げる逃げる
2アサヒライジング
そして、追い迫る
12コイウタ
8アドマイヤキッス
14キストゥヘヴン

残念ながら失速、脱落の
16シェルズレイ。くぅ。


100-2

画面切り替わって
横一直線
2アサヒライジング
12コイウタ
8アドマイヤキッス
14キストゥヘヴン



ゴールまえ

ゴール目前!!
14キストゥヘヴンが余裕の抜け出し!
鞍上の安藤騎手、G前なのにガッツポーズ!。


ゴール

ゴール!!


レース後

掲示板

優勝

着差以上の強さを感じさせた
14キストゥヘヴン


終わって

おわって2

戦い終わって敗れた馬たち。


演出

最後まで演出を効かせます。


2006年2回阪神6日( 4月 9日) 11R
第66回 桜花賞(GI)
サラ系3歳 1600m 芝・右
牝(指定) オープン 定量
本賞金: 8900、 3600、 2200、 1300、 890万円 発走 15:40
天候:晴  芝:良
勝ち

1着 1.34.6 キストゥヘヴン 55安藤
2着 1.34.7 アドマイヤキッス 55武豊
3着 1.34.7 コイウタ 55横山
4着 1.34.9 アサヒライジング 55柴田
5着 1.35.1 シェルズレイ 55岩田
6着 1.35.2 ウインシンシア 55秋山
7着 1.35.5 アルリーングボイス 55デムーロ
8着 1.35.7 テイエムプリキュア 55熊沢
9着 1.36.0 ラッシュライフ 55四位
10着 1.36.3 タッチザピーク 55柴原
11着 1.36.3 ミッキーコマンド 55石橋
12着 1.36.4 エイシンアモーレ 55福永
13着 1.36.4 ユメノオーラ 55渡辺
14着 1.36.4 フサイチパンドラ 55角田
15着 1.36.5 グレイスティアラ 55田中
16着 1.36.6 ダイワパッション 55長谷川
17着 1.37.1 ウエスタンビーナス 55藤田
18着 1.37.9 アイアムエンジェル 55柴山

ハロンタイム  12.5 - 10.9 - 11.4 - 11.9 - 12.1 - 12.1 - 11.5 - 12.2
上り  4F 47.9 - 3F 35.8
2コーナー  (*2,7)(4,9)(11,18)(3,12,17)(6,16)(5,8)(1,14)(13,15)-10
3コーナー  2,7(3,9)(4,17)(6,18)(11,12)16(1,5,8)13(15,14)-10
4コーナー  2,7(3,17)(6,9,18,12,16)(4,8)5(1,11,14)(13,15)10


反省会
今回は納得の負けです。
勝ちタイム 1.34.6 ですよ!。

予想段階では1.35秒台での決着だと思っていました。
本命にしたシェルズレイも持ちタイム、いやそれ以上で
走って。1.35.7→1.35.1 

アドマイヤキッスは前走の1.36.5→1.34.7です。
約2秒近くタイムを縮めてるわけです。。いやはや

成長力を考慮しなさすぎたんですね。
もうひと考えが足りなかったわけです。
次に生かしていきたいものです。

ということで、ちょっと手ごたえ感じた桜花賞でした。


人気blogランキングへ投票
ブログランキング
してくれると、ありがたいです。


スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://gigusuzg.blog39.fc2.com/tb.php/153-41b64ffc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。