広~く浅~く様々な事象を取り上げてみちゃったりしてます。 つまんなかったらごめんよぉ

2017/09 |  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 | 2017/11

2017/09 |  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 | 2017/11

2017/09 |  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 | 2017/11

2017/09 |  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 | 2017/11

2017/09 |  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 | 2017/11

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今年最初のGIレース。
レース自体は、すごかったですね。
カネヒキリ、あれほど強いとはビックリでした。(軽視してごめんなさい(苦笑い

では、結果から


2006年1回東京8日(2月19日)11R
第23回 フェブラリーS(GI)
サラ系4歳以上 1600m ダ・左
(混合)(指定) オープン 定量
本賞金:9400、3800、2400、1400、940万円 発走 15:40
天候:曇  芝:良 
フェブラリーS

1着 1.34.9 カネヒキリ     57k 武豊
2着 1.35.4 シーキングザダイヤ 57k ペリエ
3着 1.35.4 ユートピア     57k 安藤勝
4着 1.35.6 ブルーコンコルド  57k 幸
5着 1.35.8 ヴァーミリアン   57k ルメール
6着 1.36.0 サカラート     57k 小牧
7着 1.36.0 アジュディミツオー 57k 内田
8着 1.36.4 タガノゲルニカ   57k 池添
9着 1.36.4 タイムパラドックス 57k 安藤光
10着 1.36.5 タイキエニグマ   57k 田中
11着 1.36.5 リミットレスビット 57k バルジュー
12着 1.36.6 サンライズバッカス 57k 柴田善
13着 1.36.6 スターキングマン  57k 柴山
14着 1.37.9 ニホンピロサート  57k 中舘
15着 1.38.8 メイショウボーラー 57k 福永
16着 1.39.6 トウショウギア   57k 藤田

ハロンタイム  12.2 - 10.7 - 11.0 - 11.4 - 12.1 - 12.9 - 12.3 - 12.3
上り  4F 49.6 - 3F 37.5
3コーナー  (*10,12)=3,9,4(8,11)(6,15)(1,14)13(7,16)(5,2)
4コーナー  (*10,12)=(3,9)(4,8,11)(6,15,14)1(13,7,16)(5,2)


反省会
軽く今回もはずれでしたね。。期待したヴァーミリアン
根性出して5着でした。。(苦笑い

根性だけでは、能力差は屈がえせなかったわけです。


1着 カネヒキリ     JCD1着
2着 シーキングザダイヤ JCD2着 東京大章典2着 川崎記念2着
3着 ユートピア     東京大章典5着
4着 ブルーコンコルド  
5着 ヴァーミリアン   平安S2着
6着 サカラート     川崎記念4着
7着 アジュディミツオー 東京大章典1着 川崎記念1着
8着 タガノゲルニカ   平安S1着
9着 タイムパラドックス JCD4着
10着 タイキエニグマ   根岸S2着
11着 リミットレスビット 根岸S1着
12着 サンライズバッカス 根岸S4着
13着 スターキングマン  JCD3着 東京大章典10着
14着 ニホンピロサート  根岸S9着
15着 メイショウボーラー 根岸S7着
16着 トウショウギア   根岸S3着


改めて振り返るとジャパンカップダート組は物凄く強かったと言うことです。
そして、平安S組、さらに根岸S組の順。

JCD>>平安S>>根岸S

と言うことだったわけですね。
今まで対戦成績から予測してたわけですが
当然、縦の比較というか、未対戦の比較をどう考えるかが
今後の課題と思いましたですね。

とまあ、わかったような、わからないような反省会でした。(苦笑い

にしても、カネヒキリ物凄く強かったですね。
完敗完敗でした。

そして気がつけば5000HITでした。
いつも、読んでくれてる方に大感謝であります。

人気blogランキングへ投票
競馬全般 - 公営ギャンブル
してくれると、励みになります。




迷馬列伝
ギャロップダイナ
ギャロップダイナ

国内通算40戦10勝。フランスで2戦0勝。
メリーナイスと双璧を成す個性派。5歳前半までは、どこにでもいる
ダート馬が、夏の札幌で騎手(東)を振り落として、カラ馬で1着入線。

これで走る喜びを知ったか、秋には(当時)1400万条件の身で
天皇賞に挑戦。しかも、なんと矢のような差し脚であのシンボリルドルフを
差し切ったのだ。「こんな馬、出ていたのも知らなかった」と20万人くらいの人を
驚かせたが、タイムは1分58秒7の堂々たるレコード(当時)。

6歳になって東京新聞杯、安田記念とマイル重賞を2勝した後、
「案外、こいつならやるかもしれない」という期待を背に
勇躍フランスに遠征するがやっぱり勝てず帰国。

その後、秋の天皇賞とジャパンCも振るわず、さすがに終わったかと
思われたが、まだあった。思い切り人気を落とした引退レースの有馬記念
直線、ミホシンザンを軽く切って捨てて、後輩ダイナガリバーの2着に
飛び込んで見せた。観客は怒りながら笑って馬券を破り捨てたのだった。


メリーナイス

メリーナイス

通算14戦5勝。史上最も個性的なダービー馬。
2歳時は5戦3勝。朝日杯をホクトヘリオス以下に勝ち、2歳チャンピオンに。

皐月賞7着で迎えたダービー。主役はスプリングSで「ミスターシービーしちゃった」
マティリアルだったが、終わっていればメリーナイスの6馬身差圧勝だった。

秋、セントライト記念を快勝し、菊花賞は断然の1番人気に推されるも
スタートから引っかかりぱなしで9着に敗れる。そして次走が忘れもしない有馬記念。

スタート直後につまずいて落馬。おまけに4コーナー手前では1番人気の
サクラスターオーが競争中止。場内騒然とする中、メジロデュレンが勝って
万馬券の大波乱になった。

カラ馬のメリーナイスが脚を痛そうに引きずるスターオーの横を通り過ぎていく
虚しいシーンは映画「優駿」にも使われた。そう言えば「優駿」には根本も出演し
セリフが「下手に乗ってすみません」だった。

その後、3戦したが、2着2回で勝てず。パドックで根本に飛び交ったヤジは
気の毒なほどだった。





スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://gigusuzg.blog39.fc2.com/tb.php/104-cec5da5b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。